大紀元時報

新NAFTA、7月1日に発効=米通商代表部

2020年04月27日 11時01分
4月24日、米通商代表部(USTR)は、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」が7月1日に発効すると議会に通知したと明らかにした。写真は各国の国旗。米デトロイトで2018年8月撮影(2020年 ロイター/Rebecca Cook)
4月24日、米通商代表部(USTR)は、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」が7月1日に発効すると議会に通知したと明らかにした。写真は各国の国旗。米デトロイトで2018年8月撮影(2020年 ロイター/Rebecca Cook)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は24日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)」が7月1日に発効すると議会に通知したと明らかにした。

当初予定されていたよりも1カ月遅れた発効となる。

USTRのライトハイザー代表は声明で、3カ国すべてが発効に必要な手続きを終えたと説明した。NAFTAが発効してから26年ぶりの改定となる。

自動車メーカーなどの一部の業界は、新型コロナウイルス感染拡大による影響を理由に、発効延期を求めていた。

ライトハイザー代表は、新型コロナの危機とそこからの回復のためには、米国は今まで以上に生産能力と北米での投資を増やすべきだ、と指摘し、USMCAの発効はそうした取り組みにおける重要な成果だと強調した。

 

 

 

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^