大紀元時報

インドネシア、7月までに通常生活の再開模索=コロナ対策当局者

2020年04月28日 14時13分
4月28日、インドネシア当局者によると、同国は新型コロナウイルス感染拡大を抑制したうえで、7月までに通常の活動を再開できるよう取り組んでいる。写真はインドネシアで16日撮影(2020年 ロイター/WILLY KURNIAWAN)
4月28日、インドネシア当局者によると、同国は新型コロナウイルス感染拡大を抑制したうえで、7月までに通常の活動を再開できるよう取り組んでいる。写真はインドネシアで16日撮影(2020年 ロイター/WILLY KURNIAWAN)

[ジャカルタ 27日 ロイター] - インドネシア当局者によると、同国は新型コロナウイルス感染拡大を抑制したうえで、7月までに通常の活動を再開できるよう取り組んでいる。

同国の公式の感染者は9096人と、東南アジアではシンガポールに次いで2番目に多い。死者は765人で、中国を除くと東アジア最大。

ただ専門家らは、検査数が比較的少なく、実際の感染者は多い、と懸念している。インドネシアはまた、移動規制に対して近隣諸国より消極的という。

新型コロナ緊急対策本部(タスクフォース)本部長のドニ・モナルド国家災害対策庁(BNPB)長官は閣議後、「6月までに国内の感染を抑制するため、大統領は、われわれには努力強化を、国民には指示の順守と自制を、当局にはより厳格な姿勢を求めた」と述べた。

また、「7月には通常の生活が再開できるよう希望している」とし、4、5月に検査を「大量に」増やすと言明した。

27日時点で、インドネシアは5万9000人以上を検査。一方、人口がわずか560万人のシンガポールでは8万2644人の検査が実施されており、同国の検査率ははるかに低い。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^