大紀元時報

ロシア都市封鎖措置、2週間延長後に段階的解除へ準備=大統領

2020年04月29日 07時37分
ロシアのプーチン大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置を5月11日まで2週間延長すると発表した(2020年 ロイター/SPUTNIK)
ロシアのプーチン大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置を5月11日まで2週間延長すると発表した(2020年 ロイター/SPUTNIK)

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置を5月11日まで2週間延長すると発表した上で、その後の段階的な解除に向け準備を進めるよう政府に要請した。

プーチン大統領は、新たに確認された新型コロナ感染者数は足元で安定化しているが、最悪期にはまだ達していないと想定するよう国民に呼び掛けた。

ロシアで28日に確認された新たな感染者は過去最多の6411人。累計で9万3558人となった。死者は72人増え867人。死者の増加も過去最多だった。

5月11日は大型連休の最終日に当たる。5月の連休中は通常、旅行や屋外でのバーベキュー開催の機会が増えるが、プーチン大統領は連休中の大規模な集会を避けるよう求めた。

また政府に対し、5月12日からの制限措置の段階的な解除に向けた指針を作成し、新型コロナ対策第3弾となる新たな緊急経済支援策を取りまとめるよう要請した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^