大紀元時報

世界原油需要、来年第4四半期までコロナ前水準回復せず=モルガンS

2020年04月30日 05時00分
米金融大手モルガン・スタンレーは29日、世界的な原油需要は2021年第4・四半期まで新型コロナウイルス感染拡大前の19年水準に戻らないとの見方を示した。イラク・バスラの油田地帯で3月撮影(2020年 ロイター/Essam Al Sudani)
米金融大手モルガン・スタンレーは29日、世界的な原油需要は2021年第4・四半期まで新型コロナウイルス感染拡大前の19年水準に戻らないとの見方を示した。イラク・バスラの油田地帯で3月撮影(2020年 ロイター/Essam Al Sudani)

[ロンドン 29日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーは29日、世界的な原油需要は2021年第4・四半期まで新型コロナウイルス感染拡大前の19年水準に戻らないとの見方を示した。

モルガン・スタンレーの原油調査部門責任者、マーティン・ラッツ氏は「人々の行動様式が構造的に変化する可能性があり、需要の回復は抑制される」と述べた。

来年の原油価格ついては、米原油先物<CLc1>が1バレル=40ドル近辺、北海ブレント先物<LCOc1>は45ドル近辺で安定化するとの見方を示した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^