大紀元時報

ロシア首相、新型コロナに感染 第1副首相が代行へ

2020年05月01日 07時30分
ロシアのミシュスチン首相(54)は30日、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。一時的に職を離れ、隔離治療を受ける。2月撮影(2020年 ロイター/SPUTNIK)
ロシアのミシュスチン首相(54)は30日、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。一時的に職を離れ、隔離治療を受ける。2月撮影(2020年 ロイター/SPUTNIK)

[モスクワ 30日 ロイター ] - ロシアのミシュスチン首相(54)は30日、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。一時的に職を離れ、隔離治療を受ける。

ミシュスチン首相はプーチン大統領とのテレビ会談で、新型コロナ検査で陽性結果が出たことを明らかにした。プーチン大統領はため息をつき、早期の回復を祈ると伝えた。

プーチン大統領はさらに、ベロウソフ第1副首相を首相代行とするミシュスチン首相の提案に同意した。

ミシュスチン首相はロシアの新型コロナ対策で中心的役割を果たしていた。同国の新型コロナ危機対策センターによると、国内の新型コロナ感染者数は同日時点で10万人を突破した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^