大紀元時報

新型コロナ薬・ワクチン開発支援で国際会議、82億ドル調達目標

2020年05月04日 20時03分
5月4日、世界の首脳は4日、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の研究に向けて各国から資金拠出の約束を引き出すための長期間のオンライン国際会議を開始する。写真はEU本部で会見するフォンデアライエン欧州委員長。4月15日に代表撮影(2020年 ロイター)
5月4日、世界の首脳は4日、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の研究に向けて各国から資金拠出の約束を引き出すための長期間のオンライン国際会議を開始する。写真はEU本部で会見するフォンデアライエン欧州委員長。4月15日に代表撮影(2020年 ロイター)

[ブリュッセル 4日 ロイター] - 世界の首脳は4日、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の研究に向けて各国から資金拠出の約束を引き出すための長期間のオンライン国際会議を開始する。最低でも75億ユーロ(82億ドル)の調達を目指す。

イベントを主催するのは欧州連合(EU)、日本、英国、ノルウェー、カナダとサウジアラビア。世界銀行や米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏と妻の慈善団体、「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」、世界の複数の資産家による新型コロナのワクチン・治療薬研究推進の取り組みを足掛かりに、数週間あるいは数カ月かけて資金拠出を募る考え。

EUのフォンデアライエン欧州委員長は前月、新型コロナウイルス感染症のワクチンは「世界のあらゆる場所で、手頃な価格で」入手可能になる必要があると指摘し、「まさにマラソン」のようなイベントになると述べた。

会議は4日1300GMT(日本時間午後10時)に開始するが、新たに約束された拠出額は即座には公表されない可能性がある。また、これまでに表明された拠出額も含まれるため、新たに約束された分がどれだけを占めるかも不明。

20カ国・地域(G20)の現在の議長国、サウジは既に、5億ドルを拠出すると表明している。

75億ユーロは当初の調達目標で、フォンデアライエン委員長は長期的にはこれを上回る額が必要になるとの見通しを示している。

英国はこれとは別に、オンラインの資金拠出国会議を6月4日に予定している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^