大紀元時報

コロナ薬の米ギリアドにサイバー攻撃、イラン系ハッカー集団か

2020年05月09日 12時01分

[ロンドン/ワシントン 8日 ロイター] - 新型コロナウイルス治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」を製造する米ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>に対し、イラン系のハッカー集団が過去数週間にサイバー攻撃を仕掛けていたことが関係者らの証言で分かった。

不正なウェブアドレスを検出するウェブサイトの記録によると、4月時点でパスワードを窃取するための偽ログインページがギリアドの幹部宛てにメールで送られたという。攻撃が成功したかどうかは不明。

イスラエルのサイバーセキュリティー会社、クリアスカイの幹部は、記者になりすましてメールを送りつけ、メールアカウントに不正アクセスする手口だと指摘。また別の2人の関係者は、攻撃に利用されたウェブドメインやホストサーバーがイランと関係していると述べた。

イラン国連代表部の報道官はサイバー攻撃に一切関与しておらず、「国内のサイバー活動は外部からの攻撃を防御するものでしかない」と主張した。

ギリアドの広報担当はコメントを控えた。

 

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^