大紀元時報

豪、一部で飲食店営業など再開 人口の多い州での規制は継続

2020年05月10日 11時17分
5月9日、オーストラリアでは、政府方針に従い首都キャンベラを含む複数の地域で小規模集会や飲食店の営業などが再開された。写真はシドニーの店舗で、5月4日撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)
5月9日、オーストラリアでは、政府方針に従い首都キャンベラを含む複数の地域で小規模集会や飲食店の営業などが再開された。写真はシドニーの店舗で、5月4日撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

Sonali Paul

[メルボルン 9日 ロイター] - オーストラリアでは9日から、政府方針に従い首都キャンベラを含む複数の地域で小規模集会や飲食店の営業などが再開された。一方、人口の多いニューサウスウェールズ州やビクトリア州ではロックダウン(都市封鎖)を継続する。

モリソン首相は8日、感染の抑制継続を前提に3段階に分けて7月までに経済活動を完全に再開する計画を発表。[nL4N2CQ1CW]

これを受けて首都キャンベラほか複数の州で9日から、10人までの集会などが許可された。

サウスオーストラリア州では11日から、10人までを対象に屋外の飲食が再開可能となる。ノーザンテリトリーでは15日から飲食店の営業が再開する。

一方、国内人口の過半数が居住し、国内感染者数の約3分の2を占めるニューサウスウェールズ州とビクトリア州では、規制緩和計画の公表自体が来週となる予定。

ニューサウスウェールズ州のブラッド・ハザード保健相は10日の母の日を前に、母親を訪問する際にも社会的距離を保ち手洗いを励行するなど、警戒を緩めないよう呼びかけた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^