大紀元時報

米保健福祉省がレムデシビル150万回分を無償提供、米国に4割

2020年05月11日 14時38分
米保健福祉省は9日、米バイオ医薬品メーカー・ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の新型コロナウイルス感染治療に用いられる抗ウイルス薬「レムデシビル」について、世界で無償提供される150万回投与分のうち、米国が約4割を受け取ると明らかにした。写真は3月18日、カリフォルニア州ラ・バーンで撮影(2020年 ギリアド提供)
米保健福祉省は9日、米バイオ医薬品メーカー・ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の新型コロナウイルス感染治療に用いられる抗ウイルス薬「レムデシビル」について、世界で無償提供される150万回投与分のうち、米国が約4割を受け取ると明らかにした。写真は3月18日、カリフォルニア州ラ・バーンで撮影(2020年 ギリアド提供)

[9日 ロイター] - 米保健福祉省は9日、米バイオ医薬品メーカー・ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の新型コロナウイルス感染治療に用いられる抗ウイルス薬「レムデシビル」について、世界で無償提供される150万回投与分のうち、米国が約4割を受け取ると明らかにした。州保健当局を通じて供給する。

同省によると、米国では同社から今後6週間で約60万7000回分が供給される見通し。

ギリアドのオデイ最高経営責任者(CEO)は4月、レムデシビル150万回分を寄付すると明らかにした。米国分の割り当ては3日に最終決定されたという。

同省が現在供給先として挙げているのは、イリノイ、アイオワ、コネティカット、メリーランド、ミシガン、ニュージャージーの各州。

ギリアドのコメントは得られていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^