大紀元時報

ニュージーランド、14日から条件付きで経済活動を再開

2020年05月11日 17時48分
ニュージーランド政府は11日、14日から商業施設や映画館、飲食店、ジムなどの営業を条件付きで再開する方針を決定した。写真は4月28日、オークランド近郊で撮影(2020年 ロイター/Ruth McDowall )
ニュージーランド政府は11日、14日から商業施設や映画館、飲食店、ジムなどの営業を条件付きで再開する方針を決定した。写真は4月28日、オークランド近郊で撮影(2020年 ロイター/Ruth McDowall )

[ウェリントン 11日 ロイター] - ニュージーランド政府は11日、14日から商業施設や映画館、飲食店、ジムなどの営業を条件付きで再開する方針を決定した。

アーダーン首相は会見で「内閣は、警戒レベルを2に引き下げ、経済活動を再開することで合意した。ただし、可能な限りの安全策を講じることとする」と述べた。

同国は4月27日に新型コロナウイルス感染の警戒レベルを4から3に引き下げていた。

企業には、物理的距離の維持のほか、厳格な安全基準を導入することが求められる。

学校は18日から再開可能となる。バーの営業は21日からとし、集会は10人までに制限される。

ニュージーランド航空<AIR.NZ>は、警戒レベルが2に下がった段階で、国内便の運航をさらに再開すると発表した。ただ、帰国する自国民を除き、入国規制は継続する。

首相は、2週間後に措置を見直すとした。

また、今回の封鎖措置が法的観点で合理性が問われたことを踏まえ、政府は、当局に物理的な距離確保や集会の規制などを発令する権限を持たせる新法の成立を目指す。

保健当局によると、11日に確認された新たな新型コロナウイルス感染者は3人。累計感染者数は1147人となった。また、感染確認例と感染が疑われる例のうち93%が回復したという。

*内容を追加しました。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^