大紀元時報

ソウル繁華街の集団感染、追跡調査続く

2020年05月12日 19時16分
5月12日、韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のナイトクラブなどで発生した新型コロナウイルスの集団感染を巡り、政府が利用客の追跡調査を進めている。写真は、梨泰院のナイトクラブ付近を消毒する担当者(2020年 ロイター/Yonhap)
5月12日、韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のナイトクラブなどで発生した新型コロナウイルスの集団感染を巡り、政府が利用客の追跡調査を進めている。写真は、梨泰院のナイトクラブ付近を消毒する担当者(2020年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 12日 ロイター] - 韓国ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のナイトクラブなどで発生した新型コロナウイルスの集団感染を巡り、政府が利用客の追跡調査を進めている。

調査では、携帯電話のデータ、クレジットカードの利用履歴、防犯カメラの映像を利用。これまでに100人以上の感染が確認されており、感染拡大の第2波が懸念されている。

保健当局は梨泰院のナイトクラブやバーと関係のある数千人をすでに追跡し検査を実施したが、まだ1982人と連絡が取れていないという。

当局によると、一部のバーは同性愛者が訪れることで知られており、プライバシーの観点から自己申告を避けている人がいる可能性がある。

ソウル市長によると、今回の集団感染では101人の感染が確認され、感染者の家族・同僚など7272人がすでに検査を受けている。

当局は携帯電話の基地局のデータを利用して、集団感染が発生したとみられる時期に梨泰院地区にいた1万0905人を特定。さらにクレジットカードの利用履歴から494人を探し出した。

地元報道によると、最初に感染が発覚した患者が訪れていたのはゲイクラブで、情報開示や報道が性的少数者の権利侵害や差別につながりかねないと懸念も浮上している。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^