大紀元時報

中国系ハッカー集団、新型コロナ研究機関に不正侵入=米当局

2020年05月14日 08時01分
米連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省は13日、中国系のハッカー集団が新型コロナウイルス感染症に関する研究を手掛ける米国機関に不正侵入していると発表し、科学者や公衆衛生当局者に注意を呼び掛けた。ニューヨーク州パールリバーのファイザー施設で5日撮影。提供写真(2020年 ロイター)
米連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省は13日、中国系のハッカー集団が新型コロナウイルス感染症に関する研究を手掛ける米国機関に不正侵入していると発表し、科学者や公衆衛生当局者に注意を呼び掛けた。ニューヨーク州パールリバーのファイザー施設で5日撮影。提供写真(2020年 ロイター)

[13日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)と国土安全保障省は13日、中国系のハッカー集団が新型コロナウイルス感染症に関する研究を手掛ける米国機関に不正侵入していると発表し、科学者や公衆衛生当局者に注意を呼び掛けた。

共同声明によると、FBIは中国とつながりのあるハッカー集団による米国機関への不正アクセスを調査中で、「新型コロナ関連の研究に携わる職員およびネットワークからのワクチン、治療法、検査に関連する公衆衛生上のデータや重要な知的財産(IP)を特定し、不正に入手しようとする試み」を監視しているという。ただ不正アクセスの対象機関やハッカー集団の詳細などについては明らかにしていない。

ワシントンの中国大使館は声明で「FBIは仮定に基づき証拠もないまま警告を出している」と指摘し、「(新型コロナウイルスの)世界的大流行における国際協調を損ねる」と批判した。

FBIとは別にニュージーランド政府の通信保安局も声明を発表し、新型コロナウイルス感染拡大に対する国内外の取り組みを危険にさらすようなネット上の行動を止めるよう訴えた。

*内容を追加しました

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^