大紀元時報

英オックスフォード大の新型コロナワクチン、サルで有効と判明

2020年05月15日 10時24分
5月14日、英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンが、6匹のサルを対象にした試験で有効性を示し、これを受けて臨床試験が先月末から始まっている。写真は3Dプリンターで作った、新型コロナウイルスのモデル。3月25日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)
5月14日、英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンが、6匹のサルを対象にした試験で有効性を示し、これを受けて臨床試験が先月末から始まっている。写真は3Dプリンターで作った、新型コロナウイルスのモデル。3月25日撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[14日 ロイター] - 英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンが、6匹のサルを対象にした試験で有効性を示し、これを受けて臨床試験が先月末から始まっている。

米英の研究者らが査読前論文の掲載サイト「bioRxiv」で発表した初期の試験結果によると、ワクチンを1度接種したサルの一部が14日以内にウイルス抗体を産生したほか、全てのサルが28日以内に感染防御抗体を産生した。

接種後、ワクチンは肺でのウイルス増殖を抑え、肺炎を防いだという。ただ、鼻でのウイルス増殖は続いた。

この試験結果については、他の研究者による厳密な検証はまだ行われていない。

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は先月、同大研究チームとの協力を表明している。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^