大紀元時報

今年の国連総会、さまざまな開催方法を検討中=報道官

2020年05月15日 15時02分
5月15日、国連のドゥジャリク報道官は14日、今年9月に行われる第75回国連年次総会について、さまざまな開催方法を検討していると明らかにした。写真はニューヨークで3月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)
5月15日、国連のドゥジャリク報道官は14日、今年9月に行われる第75回国連年次総会について、さまざまな開催方法を検討していると明らかにした。写真はニューヨークで3月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[国連 14日 ロイター] - 国連のドゥジャリク報道官は14日、今年9月に行われる第75回国連年次総会について、さまざまな開催方法を検討していると明らかにした。国連本部があるニューヨークは、新型コロナウイルス感染の震源地となっている。

グテレス事務総長は、週刊誌パリ・マッチとのインタビューで、国連がニューヨークに世界中から何千人もの人を集める「公算は小さい」と発言していた。

同報道官はこれについて質問され、「何千という単位の人々がニューヨークおよび国連本部を訪れる年次総会が、今年9月に何事もなかったかのように開催できるとは考えにくい。デジタル機器を活用したさまざまな開催方法を検討している。決定は、加盟国に委ねられる」と述べた。

国連の活動は2カ月にわたってオンラインで行われており、少なくとも6月末までは現状で継続される見通し。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^