大紀元時報

中国国営メディア、香港教育は「無法」と批判 日本巡る歴史問題で

2020年05月18日 12時12分

[香港 17日 ロイター] - 香港の大学入試で出題された日本に関する歴史問題を巡り議論が起こる中、中国の国営メディアは、香港の学校が「無法地帯」となっていると批判した。

問題となっているのは、「1900─1945年の間、日本は中国に損害よりも利益を多くもたらした」かどうかを問う設問。5200人がこの試験を受けたという。

中国国営通信の新華社は15日夜の論評で、香港の学校は「非植民地化」に失敗し、教育システムは「一国二制度」に沿って発展していないと批判した。

「学校は、むやみに異説を広め、『一国二制度』を攻撃し、国家の信用を傷つけることが可能な無法な場所となったようだ」とし、「一部の未熟な生徒は反中勢力にだまされ、香港に混乱を生じさせる手先として利用されている」とウェブサイトで非難した。

香港の教育局トップは、設問について「日本の中国侵略時に多大なる苦痛を受けた中国の人たちの感情と尊厳を深く傷つける」との見解を示した。試験機関に対し、歴史試験に出題された理由を調査するよう指示し、取り消すよう求めた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^