大紀元時報

検察庁法改正案、今国会は見送り 様々な批判と安倍首相

2020年05月18日 22時46分
安倍晋三首相は18日、検察庁法改正案について今国会での成立を見送る方針を正式表明した。写真は5月14日、東京で撮影(2020年 Akio Kon/代表撮影)
安倍晋三首相は18日、検察庁法改正案について今国会での成立を見送る方針を正式表明した。写真は5月14日、東京で撮影(2020年 Akio Kon/代表撮影)

[東京 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は18日、検察庁法改正案について今国会での成立を見送る方針を正式表明した。安倍首相は記者団に対し、「様々な批判があり国民の理解を得るのが肝要」、「中身についてよく説明することが大切とのことで二階俊博幹事長と一致した」と語った。

自民公明両党内からも異論の出ていた法案の強行採決を避け、新型コロナウイルス対応を優先する。もっとも2020年度1次補正予算の修正に続く大幅な方針転換で首相の求心力は低下する可能性もある。

首相は記者団に対して「この法案については国民の皆様から様々な批判があった。そのような批判にしっかり応えていくことが大切。定年の延長、公務員制度改革の中身についてもっとよく丁寧に説明して

いくことが大切とのことで幹事長と一致した」と述べた。

その上で「今回の法案は公務員の定年延長の法案であり公務員制度の改革ということで説明をしてきたが、国民の理解をいただきながら進めていくことが肝要と考える。その中において、責任を果たしていきたい」と語った。

検察庁法改正案は、国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正案などと一本化した束ね法案として、提出された。内閣や法相が必要と判断すれば特例で検察幹部の定年を最長3年延長できる規定について野党は恣意的な人事の介入を招くと批判。15日の衆院内閣委員会では、野党4党が説明不十分として改正案を担当する武田良太行政改革相の不信任決議案を提出していた。

(竹本能文 編集:高木匠)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^