大紀元時報

中国、豪州産大麦に80.5%の関税 不当廉売などで19日から

2020年05月19日 06時46分
中国は18日、オーストラリアから輸入される大麦に対し、19日から合計で80.5%の反ダンピング(不当廉売)関税および反補助金関税を課すと発表した。江蘇省南通で2014年2月撮影(2020年 ロイター/CHINA STRINGER NETWORK)
中国は18日、オーストラリアから輸入される大麦に対し、19日から合計で80.5%の反ダンピング(不当廉売)関税および反補助金関税を課すと発表した。江蘇省南通で2014年2月撮影(2020年 ロイター/CHINA STRINGER NETWORK)

[北京/シドニー 18日 ロイター] - 中国は18日、オーストラリアから輸入される大麦に対し、19日から合計で80.5%の反ダンピング(不当廉売)関税および反補助金関税を課すと発表した。

中国商務省は、2018年に開始した調査でオーストラリアによるダンピングが確認され、結果として国内産業に重大な損害がもたらされたと指摘。オーストラリアの全輸出業者を対象に反ダンピング関税として73.6%、反補助金関税として6.9%を課すとした。関税は5年間継続するという。

オーストラリアは中国に対し年間で約15億─20億豪ドル(9億8000万─13億米ドル)の大麦を輸出。大麦輸出全体の半分以上が中国向けとなっている。

オーストラリアの政府関係者はロイターに対し「代替市場は多くない。大麦をサウジアラビアに輸出することは可能だが、中国向けよりも大幅に値引きされるだろう」と述べた。

対照的に、世界トップの大麦輸入国である中国は、フランスやカナダ、アルゼンチンなど主要な生産国からの輸入にシフトできる。

オーストラリアのバーミンガム貿易・観光・投資相は、中国の判断について非常に遺憾とした上で、「調査結果の詳細を評価しながら、次の措置を検討していく」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^