大紀元時報

医療関連企業への敵対的TOB阻止、ドイツ政府が規制

2020年05月21日 00時23分
ドイツのメルケル内閣は20日、国内のヘルスケア企業に対する外国からの敵対的な株式公開買い付け(TOB)に拒否権を発動できるようにするための規制を承認した。写真はバイオ医薬品企業CureVacの研究所。3月12日、テュービンゲンで撮影(2020年 ロイター/Andreas Gebert)
ドイツのメルケル内閣は20日、国内のヘルスケア企業に対する外国からの敵対的な株式公開買い付け(TOB)に拒否権を発動できるようにするための規制を承認した。写真はバイオ医薬品企業CureVacの研究所。3月12日、テュービンゲンで撮影(2020年 ロイター/Andreas Gebert)

[20日 ロイター] - ドイツのメルケル内閣は20日、国内のヘルスケア企業に対する外国からの敵対的な株式公開買い付け(TOB)に拒否権を発動できるようにするための規制を承認した。新型コロナウイルス危機において必要不可欠な製品の供給維持を確保する狙いがある。

これにより政府は、ワクチン、原料となる化学物質、薬品、人工呼吸器といった保護装置・医療機器のメーカーに対する買収を阻止することが可能となる。

将来的に、政府は欧州連合(EU)域外からの買収提案について、買収されるヘルスケア企業に対する買い手の持ち分が10%を超える場合、ただちに安全保障面の調査に入ることが可能になる。現在はこの水準は25%に設定されている。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^