大紀元時報

G20貧困国債務返済猶予、20カ国以上が要請=IMF

2020年05月22日 08時12分
国際通貨基金(IMF)は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた20カ国・地域(G20)による債務返済猶予に対し、20カ国を超える貧困国から要請を受けたと明らかにした。ワシントンで2016年10月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)
国際通貨基金(IMF)は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた20カ国・地域(G20)による債務返済猶予に対し、20カ国を超える貧困国から要請を受けたと明らかにした。ワシントンで2016年10月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 21日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は21日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた20カ国・地域(G20)による債務返済猶予に対し、20カ国を超える貧困国から要請を受けたと明らかにした。

IMFのライス報道官は定例記者会見で、対象となる73カ国の貧困国の約半数が関心を示したと表明。貧困国に対する債務返済猶予について、IMFとして必要に応じて年末の期限切れ後の延長を支援していく考えを示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^