大紀元時報

カナダ裁判所、華為副会長の身柄引き渡し巡り27日に重大決定

2020年05月22日 09時49分
5月21日、カナダのブリティッシュコロンビア州の最高裁判所は、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ) の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しを巡る裁判で、審理の根幹部分に関する決定を27日に発表すると通告した。写真は1月、バンクーバーの自宅を出て裁判所に向かう孟副会長(2020年 ロイター/Jennifer Gauthier)
5月21日、カナダのブリティッシュコロンビア州の最高裁判所は、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ) の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しを巡る裁判で、審理の根幹部分に関する決定を27日に発表すると通告した。写真は1月、バンクーバーの自宅を出て裁判所に向かう孟副会長(2020年 ロイター/Jennifer Gauthier)

[21日 ロイター] - カナダのブリティッシュコロンビア州の最高裁判所は21日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しを巡る裁判で、審理の根幹部分に関する決定を27日に発表すると通告した。

孟晩舟氏は2018年12月、イラン制裁問題に絡む銀行詐欺の疑いがあると主張する米国の求めに応じる形でカナダ当局によってバンクーバー国際空港で拘束された。同氏は無罪を主張し、米国への引き渡しに異議を申し立てている。

同氏の弁護士によると、カナダ政府が身柄引き渡しに向けた手続きの開始を承認した段階で、カナダがイランに制裁を発動していなかった以上、同氏の拘束に法的根拠がないという。

一方カナダ検察は、孟晩舟氏は詐欺容疑で米国に引き渡されるべきで、被告側が論じているような単に米国のイラン制裁違反だけの事案ではないとの見解だ。

焦点となるのはいわゆる「双罰性」の要件を満たすかどうか。専門家の話では、裁判所が孟晩舟氏の行為がカナダにおいて罪にならないと判断すれば、同氏は解放されるという。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^