大紀元時報

ゴーン被告「逃亡劇映画化も」、ジェット会社幹部が法廷証言

2020年07月05日 15時07分
カルロス・ゴーン被告が日本からレバノンに逃亡した事件に関与したとして拘束中のプライベートジェット機運営会社幹部は3日、ゴーン被告が逃亡劇についてハリウッドで映画化されるなどと語っていたと証言。写真は1月14日、レバノンで撮影(2020年 ロイター/Mohamed Azakir/File Photo)
カルロス・ゴーン被告が日本からレバノンに逃亡した事件に関与したとして拘束中のプライベートジェット機運営会社幹部は3日、ゴーン被告が逃亡劇についてハリウッドで映画化されるなどと語っていたと証言。写真は1月14日、レバノンで撮影(2020年 ロイター/Mohamed Azakir/File Photo)

[イスタンブール 3日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>前会長カルロス・ゴーン被告が日本からレバノンに逃亡した事件に関与したとしてトルコ当局に拘束されたプライベートジェット機運営会社の幹部が3日、イスタンブールの法廷で証言し、ゴーン被告が逃亡劇についてハリウッドで映画化されるなどと語っていたと明らかにした。

この事件では、トルコのMNGジェットの幹部と操縦士4人が1月に拘束され、密入国に関与した罪で起訴された。また犯罪を報告しなかったとして客室乗務員2人も起訴された。7人は無罪を主張している。

MNGジェットの営業部長だったオカン・キョセメン被告は法廷で、飛行機を手配したレバノンの仲介者からゴーン被告が搭乗していると電話をで聞かされたと証言した。

キョセメン被告はその後、イスタンブールに到着した飛行機と合流し、ベイルートまでゴーン被告に同行したと説明。ゴーン氏が飛行機の費用を尋ねたほか、「この逃亡を映画化したいというハリウッドのプロデューサーについて話していた」と明かした。

ゴーン被告の弁護士からのコメントは得られていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^