訃報を受けて、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校前に飾られた李文亮医師の遺影 (MARK RALSTON/AFP via Getty Images)

李文亮医師の死から一年 「中国嘆きの壁」に思いを綴る人々

新型ウイルスによるパンデミックについて警鐘を鳴らしたというだけの理由で、中国当局から訓戒処分を受けた中国湖北省武漢市の眼科医を讃える声は、一周忌を迎えた今も鳴り止むことはない。

発病して入院した後も、オンラインのチャットルームを通して同僚等に警告を発した李文亮医師が亡くなったのは、2020年2月7日のことである。李医師に対する中国共産党の不当な対応がソーシャルメディアで拡散したこともあり、同医師は生前から多くの中国国民の目には英雄として映っていた。2020年1月上旬、後に2019新型コロナウイルス急性呼吸器疾患(COVID-19)と命名された感染症の発生を内部告発した李医師は、「根拠のない虚偽情報を伝播した」として、武漢市公安局から懲戒書への署名を求められている。

サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙の報道によると、2021年1月上旬、現在も見ることができる李医師の「Weibo(微博)」ページには、「先生は不当な扱いを受けた。私たちは決して忘れない」と書き込みされている。パンデミックによりもたらされた試練に対する不満や不安を多くの人々が投稿する李医師のWeiboページは、一部のユーザーから中国版「嘆きの壁」と呼ばれている。

同ページには、「李先生が訓戒処分を受けてから1年が経過した」「天国にはそのような罰がないことをお祈りしている」とのコメントも見られる。

李医師はウイルス発生と感染症の深刻度に関する中国の透明性の欠如を表す国際的な象徴となったことで、中国政府は潜在的に致命的な新型ウイルスについて警告した同医師に訓戒処分を下した言い訳を並べるのに躍起になった。

2021年1月にニューヨーク・タイムズ紙が伝えたところでは、李医師の死後まもなくして、中国当局は武漢市を震源地とする感染症流行対策の初動の遅れに対する国民の批判を鎮圧しようとしたが、当局は1年経った現在もその取り組みを続けている。

同紙によると中国は最近、「武漢市での感染症流行に関して、中国政府に批判的なネット投稿や報道を抑制するために大量の検閲官」を配置している。

公安局が同医師の訓戒処分を撤回した後も、中国の批判鎮圧への取り組みは続いた。同医師の死去から数時間の後、中国政府は武漢市に調査団を派遣して調査を開始した。サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じたところでは、同医師の死去からほぼ2カ月を経た後、武漢市公安局は訓戒処分を撤回し、同医師の家族に謝罪している。

しかし、同医師の一周忌が近づいているというのに、中国政府の検閲体制は一向に弱まる気配がない。検閲により「一周忌」や「内部告発者」などの用語が含まれる投稿や記事は中国のウェブサイトから削除され、最近の宣伝工作では武漢封鎖一周年の報道を禁止する指令が発せられた。中国人ジャーナリスト等がニューヨーク・タイムズ紙に語ったところでは、封鎖一周年に注意を向けるような記事を執筆しないこと、また新型コロナウイルス感染症死者の家族や親戚に取材する計画を破棄することが政府から要求されている。

2020年12月、感染症が蔓延した中国の現地から実態を報じた罪で37歳の市民記者・張展氏に懲役4年の判決が言い渡されたが、中国共産党はこのときもジャーナリストや市民等に検閲指令に従うことを強要している。

ウイルスに関する情報の隠蔽と内部告発者の黙殺・弾圧に関して中国政府に酷く批判的であった張記者が報じたルポは、ソーシャルメディアで広く共有された。CBSニュースによると、張記者の有罪判決の罪状は「騒動挑発罪(寻衅滋事)」であった。

(Indo-Pacific Defense Forum)