大紀元時報

台湾パイン、日本向け輸出量は過去最高の見通し 中国の禁輸措置後

2021年03月08日 23時13分
台湾産パイナップル(中華民国総統府が提供)
台湾産パイナップル(中華民国総統府が提供)

中国当局による台湾産パイナップルの輸入禁止措置を受け、日本など各国は、台湾の農家を応援するため、台湾産パイナップルの輸入を拡大している。台湾政府の高官によると、3日までに日本から6200トンのパイナップルの受注が入った。日本向け年間輸出量としては過去最高となる。

台湾ラジオ放送局「宝島聯播網」4日付によれば、行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲・主任委員(閣僚)は、3日までに今後日本に輸出されるパイナップルの量は5000トンに達し、さらにこれとは別に、日本の多国籍卸売企業1社は1200トンのパイナップルを発注したと明かした。

陳氏によると、近年、中国向けの台湾産パイナップル輸出量は4万1000トン~4万2000トンとなっている。中国当局の禁輸措置に対抗し、農家を支援するために、台湾政府は海外市場の開拓に力を入れ始めた。現在、各国の中で日本からの発注が最多となっている。

一方、農業委員会の統計によると、2日時点で、台湾や外国の団体・個人の購入、加工食品需要と輸出需要を合わせて、パイナップルの消費量は4万1687トンに達した。ほぼ中国向けの年間輸出量をカバーした。

台湾メディア「中央社」の報道によると、日本では台湾を応援する気運が高まり、パイン購入の呼び掛けが広まっている。台湾産パイナップルを取り扱う予定の西友やライフ、三徳、ベルヘス、ハローズなど各スーパーに市民からの問い合わせが相次いだ。

西友の担当者は大紀元の取材に対し、台湾産パイナップルの販売に関する日程や店舗について「現時点では、まだわかっていない」と話した。

ライフの担当者は、今月下旬から販売を始めるとした。

(翻訳編集・張哲)
 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^