大紀元時報

ホワイトハウスのサキ報道官、辞任ほのめかす

2021年5月10日 17時59分
記者会見を行うサキ報道官(Photo by Alex Wong/Getty Images)
記者会見を行うサキ報道官(Photo by Alex Wong/Getty Images)

米ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は5月6日、政治評論家デービッド・アクセルロッド氏が主催するCNNのポッドキャスト番組に出演した際、来年にも職を辞任する考えを明らかにした。退職理由について、サキ氏は子供との時間を確保したいと述べた。

サキ氏は番組内で「今から1年以内に、もしくは1年後くらいには、他の誰かが大統領報道官の仕事をしていることでしょう」と述べた。そして2人の幼い子供がいることから「私は大切な時間や出来事を見逃したくない。そのことを強く考えています」と語った。

サキ氏は、報道官は「素晴らしい仕事」だが、続けていくことは考えておらず、家族との時間が大切だと強調した。

同じ番組で、サキ氏はバイデン大統領のメディアとの付き合い方について実情を暴露した。「実を言うと、私たちは(大統領に対して)質問に答えないで、と何回も言ったのです」とサキ氏は語った。

サキ報道官は6日の記者会見で、バイデン大統領が公式な記者会見の場以外で記者の質問に答えることは「推奨していない」と明かした。しかし、この助言をバイデン氏は聞き入れていないようだ。番組内で、サキ氏は「彼(バイデン氏)は思うがままにしています。なぜなら彼は米国の大統領だから」と苦言を呈した。

サキ氏はオバマ政権下でホワイトハウス副報道官や国務省報道官、ホワイトハウス広報部長を歴任した。2017年からはCNNで政治評論家を務めた。

(王文亮)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^