大紀元時報

米、ブラジルにファーウェイ製品利用巡る懸念表明=当局者

2021年8月10日 13時22分
米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当、写真)が先週ブラジルを訪問した際、次世代通信規格「5G」ネットワークに中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ) 製品を利用することについて懸念を伝えていたことが8月9日、米当局者の話で分かった。6月、ホワイトハウスで撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)
米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当、写真)が先週ブラジルを訪問した際、次世代通信規格「5G」ネットワークに中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ) 製品を利用することについて懸念を伝えていたことが8月9日、米当局者の話で分かった。6月、ホワイトハウスで撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が先週ブラジルを訪問した際、次世代通信規格「5G」ネットワークに中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ) 製品を利用することについて懸念を伝えていたことが9日、米当局者の話で分かった。

米国家安全保障会議(NSC)の西半球担シニアディレクター、フアン・ゴンサレス氏が明らかにした。ただ、ブラジルはファーウェイに関連して「何もコミットメントは示さなかった」と述べた。

5Gネットワークへのファーウェイ製品利用を巡る協力の見返りに、米国がブラジルに対し北大西洋条約機構(NATO)パートナーシップの支援を提供したとの報道については、この2件は相互に全く関連性がないとして、否定した。

^