国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事(写真)は24日、世界の化石燃料に対する補助金が約6兆ドルに上り、うち7割程度で環境コストが価格に充分反映されていないとする最新の試算を明らかにした。ワシントンで2019年10月撮影(2021年 ロイター/Mike Theiler)

世界の化石燃料補助金、20年は約6兆ドル=IMF専務理事

[ワシントン 24日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は24日、世界の化石燃料に対する補助金が約6兆ドルに上り、うち7割程度で環境コストが価格に充分反映されていないとする最新の試算を明らかにした。

IMFによると、2017年時点でこうしたコストは約5兆2000億ドルだった。

専務理事は、国連総会に合わせて行われるエネルギーサミットに寄せた講演原稿で、「良いニュースとしては、2025年までに燃料価格が環境・供給コストを完全に反映して上昇すれば、世界の炭素排出量は気温上昇を1.5度に抑制する目標に沿って3分の1減少すると見込まれる」と述べた。