共同通信と時事通信は、北朝鮮がら発射された弾道ミサイルとみられる飛翔体は1発で、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した可能性は低いとする日本政府関係者の見方を伝えた。写真は北朝鮮の国旗。北京で2016年1月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

北朝鮮の飛翔体は1発、日本のEEZ内に落下の可能性低いー日本政府関係者=報道

[東京 28日 ロイター] - 共同通信と時事通信は、北朝鮮がら発射された弾道ミサイルとみられる飛翔体は1発で、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した可能性は低いとする日本政府関係者の見方を伝えた。