ペンシルべニア州下院は、中国共産党とその関連組織(共産主義青年団、少年先鋒隊)から離脱した3億8千万人の中国人を声援し、フィラデルフィアの法輪大法学会を表彰した。(スクリーンショット)

3.8億人が中国共産党から脱退 米ペンシルベニア州上院が表彰

9月26日、在米の法輪功学習者がフィラデルフィアのチャイナタウンで集会を開き、22年続く中国共産党による法輪功迫害の停止を訴えた。集会登壇者らは、中国共産党とその関連組織から離脱した3億8000万人の中国人の決断を讃え、同州下院議会が交付した、法輪功および脱党者に対する表彰状を紹介した。

表彰状を発案したマリー・アイザックソン州議員は集会で、現地の法輪功代表組織に贈った。議員は、中国共産党による長年の人民に対する弾圧と全世界に仕掛けた浸透工作を非難し、米国の脅威である党組織から離れた中国の人々の勇気を支持した。

シャリフ・ストリート州上院議員も集会に出席し、「法輪功は、自身の信仰や表現の実践に困難を抱えていることを知っている」と述べ、迫害停止に向けて中国政府に強く訴えかけると述べた。

集会でスピーチした精神心理学者ジェシカ・ルッソ博士は、中国共産党が中国に与えたダメージは計り知れないと述べた。「罪のない人々を殺しただけでなく、五千年の偉大な文明を破壊した。さらに、共産主義の害は中国に限らず、ここ米国でも教育、仕事、政府、メディアを蝕んでいる」と話した。

フィラデルフィア下院議会による表彰状の全文(翻訳)は以下のとおり。


ペンシルべニア州下院は、ペンシルべニア州民の努力と精神、そして特別な時に示された勇気と勇敢、さらにはわれわれと世界中の人々の生活を向上させるための努力を誇りに思います。

2021年9月26日、フィラデルフィアのチャイナタウンで、ペンシルべニア州民の一部を含む3億8200万人が勇気を持って、世界で最も残忍かつ抑圧的な政権のひとつである中国共産党組織から脱退したことを祝う集会が開かれました。

この集会は、17年間に続けられてきた世界最大の平和運動「脱党」を応援するために開催しました。

中国共産党は、過去70年間に各種の政治運動を通じて、8000万人以上の中国人を殺害してきました。これらの運動には、文化大革命天安門事件、法輪功弾圧、新疆ウイグル自治区のウイグル人に対する弾圧、香港民主化運動への報復などが含まれています。

法輪功学習者は、中国共産党によって最も迫害されている団体であり、22年間にわたって不法に投獄され、拷問を受けてきました。中国共産党が主導する臓器狩りにより、多くの学習者が命を落としました。中国共産党はまた、サイバー攻撃や知的財産の窃盗によって米国の国家安全を著しく脅かし、債務の罠によって発展途上国を奴隷にしています。さらに、大学、メディア、政府機関、国連や世界保健機関WTO)といった国際機関など、世界中の重要な機関に浸透しています。

いっぽう、中国共産党は、様々なプロパガンダ方法を利用して、自らのイデオロギーを世界に拡散し、不和をまき散らし、犯罪を隠蔽してきました。世界的な大流行につながった感染症を最初から情報を隠し、驚異的な死者数に直接の責任を負っています。米国議会は最近、中国共産党が何十年にもわたって行ってきた犯罪行為と人権侵害を非難する重要な一歩を踏み出しました。米連邦下院の第500決議文は、「100年にわたる重大な人権侵害を行ってきた中国共産党を非難し、自由を求めて闘う中国の人々に協力する」としています。

中国共産党は米国やその他の国に大きな脅威となっていますが、中国共産党の組織から脱退し、民主的な理想の価値を理解している人々は、中国共産党が指示する破壊活動や潜入活動に協力しないため、中国共産党の国際社会に対する脅威を軽減することができます。

したがって、ペンシルべニア州下院は、中国共産党組織から脱退した3億8200万人に対し、自らの行動によって自身の将来と身の安全が守られ、米国およびその他の世界に安全がもたらされたことを認めます。


※1 大紀元は2004年、中国共産党の正体と本質を暴露する『共産党についての九つの論評』を発表した。その後、全世界にいる華人たちによる中国共産党とその関連組織からの離脱運動「脱党」を巻き起こした。全世界脱党支援センターによると、2021年10月1日時点で、計3.84億人が中国共産党およびほかの党関連組織からの脱退声明を発表した。

(翻訳編集・蘇文悦)