英国では1日から多くの世帯で電気・ガス料金が引き上げられる。背景には天然ガスの国際価格急騰がある。2012年12月撮影(2021年 ロイター/Regis Duvignau)

英国で電気・ガス料金値上げ、天然ガス急騰で

[1日 ロイター] - 英国では1日から多くの世帯で電気・ガス料金が引き上げられる。

多くの世帯が利用するプランの上限価格が約12-13%引き上げられることが理由。背景には天然ガスの国際価格急騰がある。

ガス電力市場監督局(Ofgem)は「8月に発表した最新の上限価格が今日、(年間)1277ポンド(1721.01ドル)に設定された。平均的な世帯が支払うガス・電気料金となる」との動画をツイッターに投稿した。

電気・ガス料金の上限価格は2019年1月に導入。エネルギー会社による「ぼったくり」(メイ元首相)に終止符を打つことが狙いだった。

Ofgemは、今回の上限引き上げについて、今年のエネルギー価格上昇を反映したものだと説明。ここ数週間の「前例のない」天然ガス国際価格の上昇で供給業者の財務が圧迫されていると指摘した。

英国では記録的な価格上昇を受けて、多くの中小供給業者が破綻している。

Ofgemは「約1500万世帯がエネルギー価格上限の対象となる。契約先の供給業者が破綻し場合、この料金で新たな供給業者に引き継がれる」と述べた。