「いずも」に着艦するF35B戦闘機(防衛省ホームページより)

護衛艦「いずも」、米海兵隊F35B戦闘機の発着艦に成功 自衛隊初

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、米海兵隊のF35B戦闘機が初めて発着艦を行った。防衛省が5日に公表した。「いずも」は戦闘機を運用するための改修を行っている。

防衛省は四国沖で行われた今回の検証を通して、F35B戦闘機が「いずも」に発着艦することが可能であることが確認できたと発表した。

岸信夫防衛大臣は5日の記者会見で、米海兵隊のF35Bの発着艦は「日米の相互運用性の向上に資するものであり、日米同盟の抑止力・対処力を強化するものだ」と強調した。

海上自衛隊は「いずも」型護衛艦に対し、F35B戦闘機が短距離離陸・垂直着陸時に噴射する高温のジェット排気に対応可能な耐熱甲板を装備などの改修を行っている。

航空自衛隊もF35Bの導入及び統合運用開始に向けて準備を進めている。

(王文亮)