2021年8月16日、記者団の質問に答える米国務省のプライス報道官(FP via Getty Images)

「過去9カ月間弾道ミサイル250発を発射」米国務省、中国の核能力急拡大を懸念

米国務省の報道官は18日、中国当局は今年に入ってから9月末までに、250発の弾道ミサイルを発射したと明らかにした。米政府は今後も、中国からの脅威に対する防御力と抑止力を引き続き維持していく姿勢を示した。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は16日、情報筋の話として、中国当局は8月、核兵器を搭載できる極超音速ミサイルの発射実験を行ったと報じた。

中国外務省の趙立堅副報道局長はFT紙の報道を否定した。

米国務省のネッド・プライス報道官は18日の会見で、FT紙の報道を巡って、コメントを差し控えた。しかし、報道官は「われわれは、新しい運搬システムの開発を含め、中国の核能力が急速に拡大していることを深く懸念している」と述べた。

「これらの動きは、中国当局が数十年にわたって続けてきた、最少抑止力に基づく核戦略から逸脱していることを浮き彫りにした」と報道官は語った。同氏によると、過去9カ月間、中国当局は「少なくとも」250発の弾道ミサイルを発射した。

プライス報道官は、「進化する核体制について、中国が透明性を欠いていることを考えると、特に憂慮しなければならない」とした。報道官は、中国側による核リスクを低減するために、中国当局と引き続き対話していくと示した。

「われわれは、中国からの様々な脅威、すなわち米国や同盟国への脅威に対して、防御力と抑止力を保っていく」

米国防総省の元高官は18日、英紙ガーディアンに対して、国防総省と米の情報機関は「長年」中国当局の様々なミサイル計画を監視し、追跡してきたと話した。

(翻訳編集・張哲)