ファーウェイ支社のビル(DANIEL LEAL-OLIVAS/AFP via Getty Images)

ファーウェイ32%減収 第1〜3四半期 米の規制でスマホ事業不振

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は10月29日、2021年第1~3四半期の売上高が前年同比32.1%減の4558億人民元(約8兆2044億円)と発表した。 直近の第3四半期の売上高も前年同比で38%減少した。米政府の規制による影響が続いていることを浮き彫りにした。

ファーウェイの最大の収益源だったスマートフォンの出荷が減少したためだ。米政府は20年9月、輸出規制を強化し、同社スマホに使用されるチップの調達が困難になった。

市場調査会社「カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ社」によると、2021年第3四半期のファーウェイのスマートフォンの世界市場シェアはわずか2%で、昨年の1位から11位に後退した。中国国内での販売台数も昨年同期比77%減と大幅減となった。

同社は昨年11月、低価格スマートフォンブランド「オナー」を売却したことも販売台数の減少につながったとみられる。

売上高純利益率は10.2%と、1~6月期の9.8%からやや上昇した。同社の郭平(グォ・ピン)副会長兼輪番会長は29日の発表資料で、「消費者向け事業は大きな影響を受けた」と説明した。

(翻訳編集・叶静)