フランス・ストラスブールにある欧州議会本部(FREDERICK FLORIN/AFP via Getty Images)

中国による干渉を阻止へ 欧州議会が新法案の制定を検討中

欧州議会は中国当局を念頭に、外国政府による内政干渉を阻止するため、オーストラリアの関連法案を基に、欧州版「外国影響力透明化法案」の制定を検討していることがわかった。

豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド10日付によると、豪州のジェームズ・パターソン上院議員は9日、オンライン形式で欧州議会の議員に向かって演説を行った。同議員は、豪州政府と議会の共同機関である情報・安全に関する議会合同委員会(The Parliamentary Joint Committee on Intelligence and Security)の委員長を務める。

豪州では2018年、議会でロビー活動を行う外国政府や政府系企業の代理人に登録を義務付ける法案「外国影響力透明化法案」を可決した。同法案では、無登録で外国政府のためにロビー活動を行った場合、最大7年の懲役刑が科される。法案が可決した背景には、中国当局による豪州政界に対する強い干渉がある。

パターソン議員は演説の中で、民主主義の国が互いに協力し、中国当局による内政干渉に対抗していくべきだと欧州各国に促した。

欧州議会では、中国による政界への干渉を阻止するための調査報告書草案を作成している。草案は、欧州議会は「中国の統一戦線工作部」などが外国政府に対して政治干渉を行っていることを懸念しており、「統一戦線工作部への対処法はオーストラリアとニュージーランドの経験を参考にする」とした。

パターソン議員は、外国政府による政治干渉は「脅威」であるとし、「われわれはこれらの脅威と戦うためにできる限りのことをすべきだ」と話した。

議員は、技術の進歩に伴い、専制国家の政治干渉の手法が「進化し複雑さを増しており、より大きな危害を与えている」と警告した。

(翻訳編集・張哲)