計画停電考えず、明日以降は節電要請の可能性低い=電力需給で木原官房副長官

2022/03/22
更新: 2022/03/22
コメント

[東京 22日 ロイター] – 木原誠二官房副長官は22日午後の会見で、東京電力管内の電力需給状況について、このままでは広範囲での停電を行わざるを得ないとする一方、計画停電については現時点で考えていないと明言した。できる限り回避するよう全力で取り組んでいくという。

木原副長官はまた「明日以降は天気が回復し、太陽光発電が増え、気温も上昇して電力需要の低下も見込まれる」とし、「節電をお願いする可能性は低いという報告を受けている」と語った。

Reuters
Reuters