英、ロシア国営メディア幹部やキャスターなど制裁 「偽情報拡散」

2022/04/01
更新: 2022/04/01
コメント

[ロンドン 31日 ロイター] – 英政府は31日、ロシアのプーチン大統領の「フェイク(偽)ニュースや偽情報」を拡散しているとし、ロシアの国営メディア「RT」や「スプートニク」の幹部とキャスター、運営組織を含む14の個人や団体を制裁対象に追加すると発表した。

トラス英外相は声明で「プーチン大統領のウクライナにおける戦争はうその渦が基盤になっている」とし、「ロシア大統領府の偽情報を暴露する」と述べた。

新たな制裁の対象には、ロシアのシンクタンク「戦略的文化財団」の関係者7人や、ウクライナ南部マリウポリ砲撃の計画や実行の責任を担っていたとされるロシア国家防衛管理センター所長も含まれる。

Reuters
Reuters