アメリカ社会 反トランプ陣営がこの手を使うのは汚いのでは?

トランプ氏、息子バロン氏の困難について語る:刑事裁判が家族に与える影響

2024/06/11
更新: 2024/06/11

 

 【ニューヨーク】ドナルド・トランプ前大統領は、ニューヨークでの刑事裁判の判決後、息子バロン氏が直面している困難について語った。フィル・マグロー氏のインタビューで、トランプ氏はバロン氏の状況とその影響について詳細に述べた。

「これは簡単なことではない」とトランプ氏は語り、バロン氏が良い子であり、優秀な学生で、多くの大学に合格したことに触れた。「彼は良い子だ。背が高くて、見た目も良い。そして、彼は大学に進学するつもりだ」

また、トランプ氏は、自分に対する訴訟がバロン氏に影響を与えているものの、バロン氏は父親を傷つけたくないため、その影響を明確には言わないと述べた。「しかし、これは確かに私の家族に影響を与えており、本当に不公平だと思う。なぜなら、私は非常に良い家族を持っている。良い子供たちがいて、良い妻がいる」

トランプ氏は再び、自分に対する訴訟を「虚偽の」訴訟と表現し、もし自分一人に対してだけ起こっているのであれば、もっと受け入れやすいと述べた。「この件が私一人に起こることを望んでいる」と語った。

フォックスニュースのインタビューでも、トランプ氏は同様の発言をし、特に妻である前ファーストレディ、メラニア・トランプ氏について語った。彼はメラニア氏は「元気だ」と述べたが、この裁判は「彼女にとって非常に困難なものだ」と述べ、「これは私の家族にとって、私以上に困難だ」と語った。

先週、トランプ氏は34件の商業記録偽造の罪で有罪判決を受けた。検察官は彼がアダルト女優ストーミー・ダニエルズ氏への支払いを不正に分類したと主張した。トランプ氏はこれらの訴訟を否認し、最終的な有罪判決に対して上訴することを誓った。

マンハッタンでの数週間にわたる裁判中、メラニア氏とバロン氏は法廷に姿を見せなかった。しかし、5月末に裁判官が1日の休暇を許可した後、トランプ氏とメラニア氏はフロリダ州パームビーチで息子の卒業式に出席した。

裁判官であるフアン・メルカン氏は、共和党全国大会の開始4日前にあたる7月11日にトランプ氏の判決日を設定した。

先週の記者会見で、マンハッタン地区検察官のアルビン・ブラッグ氏は、陪審員が毎日膨大な証拠、請求書、小切手、銀行明細書、録音、電話記録、テキストメッセージ、および22人の証人の直接証言を受け取り、トランプ氏が34件のニューヨークの商業記録を不正に偽造したことは間違いないことを明らかにしたと述べた。

一方、アメリカ合衆国特勤局の報道官は、有罪判決と可能性のある監禁拘束を考慮して、現職および前大統領を保護する責任があると再確認した。

最近、トランプ氏はアリゾナ州でのイベントで、ニューヨークの訴訟を扱う上訴裁判所に対して、対応の強化を求め、判決日以前にアメリカ最高裁判所の介入を求めた。世論調査によると、彼は大統領ジョー・バイデン氏と対峙する際に依然として優位に立っている。

トランプ氏の選挙キャンペーンチームによれば、彼は有罪判決後に数千万ドルの寄付を受けたという。

 

 

ニューヨークを拠点とするエポック タイムズの速報記者。
関連特集: アメリカ社会