大紀元時報
トップ オピニオン

オピニオン

悪魔が世界を統治している 共産主義の最終目的 大紀元インタビュー
(Spencer Platt/Getty Images)
2021.04.05
<オピニオン>
私が経験したキャンセルカルチャー

「キャンセルカルチャー」が流行しているアメリカで、もう一つの気がかりな現象がある。「woke」(社会的正義に敏感な)企業による一般人への制裁だ。私の経験を紹介しよ...

(Jonathan Bachman/Getty Images)
2021.03.30
<オピニオン>
「自己検閲」がアメリカで進行中

多くのアメリカ人は大手企業による検閲を心配しているが、それが自己検閲を促していることに気づいているだろうか。アカウントを1つ凍結したり、ビデオを1本削除したり、あ...

(S. Hermann & F. Richter/Pixabay)
2021.03.21
<オピニオン>社会主義制度が「自分の重要性」を奪う

人間にとって必要なものに順位をつけるとしたら、「衣食住」が最上位にくるだろう。2番目に「セックス」を挙げる人がいるかもしれないが、私は「人生の意味」の方が上だと思...

2021年4月2日 米ワシントンDC。 マスク替わりにバンダナで顔を覆う女性 (Kevin Lamarque/Reuters)
2021.03.15
〈オピニオン〉主流メディアに騙された1年を振り返る

新型コロナウイルスの流行が始まって、約1年が経った。政治家は主流メディアを通じて国民の恐怖を煽り、アメリカ社会に劇的な変化をもたらした。人は恐怖に陥ると、安心と引...

(CC Photo Labs/Shutterstock)
2021.03.11
<オピニオン>アメリカ人に伝えたい 社会主義から救われるには

私はニュージーランド人だが、アメリカの事をよく知っている。全米各地を飛び回り、大勢のアメリカ人と交流を重ね、次のような警告を発してきた。アメリカは、残酷で暴力的な...

2021年1月23日 テレアビブでファイザー社製COVID-19ワクチンを接種する妊婦 (Jack Guez/AFP via Getty Images)
2021.03.07
<オピニオン>
ポリティカル・コレクトネスー言葉を避ければ真実から遠ざかる

最近の「ポリティカル・コレクトネス」(政治的な正しさ)は更に磨きがかかっている。どんなに些細で取るに足らないことでも、ポリコレの目からは逃れられない。最近、米国医...

大紀元の取材に応じる鈴木正人議員(大紀元/王文亮)
2021.03.06
<独占インタビュー>鈴木正人埼玉県議「中国の人権侵害、五輪憲章に反する」

日本の超党派議員は日本版マグニツキー法制定を目指す動きがあり、国際的な人権問題が議会で取り上げられ始めた。この問題に関心を寄せる鈴木正人・埼玉県議会議員は3月4日...

2020年11月5日 ワシントンDCにある米最高裁判所 (J. Scott Applewhite/AP Photo)
2021.03.02
<オピニオン>誰が選挙の信頼を回復できるのか

昨年の米大統領選を巡って、連邦最高裁はペンシルベニア州における選挙規則の変更は違法とする訴訟を却下した。原告の主張は明確で、非常に根本的な問題である。将来の選挙に...

2020年12月10日 ブリュッセルEU本社ヨーロッパビルの前に立つポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相 (John Thys/ Pool/AFP via Getty Images)
2021.02.26
<オピニオン>ビッグテックの検閲を禁止するポーランドを見習え

アメリカがポーランドやハンガリーより遥かに遅れているなんて、誰が想像できただろうか。この両国は明らかにソ連の圧政から教訓を学んだのだ。ポーランド政府は、イデオロギ...

沖縄米軍基地移設により、名護市辺野古の埋め立て工事が行われている。工事に抗議する人々がカヌーに乗り、抗議現場に接近する。海上保安庁のゴムボートが巡視する(JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
2021.02.22
不義理に真実を突きつけた 沖縄の活動家の姿捉えた映像 公開したエルドリッヂ氏に聞く

沖縄の米軍基地反対運動を展開する過激派や共産党の活動について、さまざまな危険な活動が行われている。公道への集団座り込み、移設工事を妨害するためのブロック設置、警察...

2021年2月15日 テネシー州ナッシュビル (Brett Carlsen/Getty Images)
2021.02.19
<オピニオン> 新型コロナウイルスと「科学のない年」

2020年と2021年は「科学のない年」である。あるいは「見せかけの科学の年」または「政治的な科学の年」と呼べるかもしれない。アメリカの製薬会社は競ってワクチンを...

11月6日、米ジョージア州で2020年大統領選の開票作業が行われる様子(Jessica McGowan/Getty Images)
2021.02.17
<記者の意見>真実を伝える

大紀元はいわゆる「陰謀論」に加担していません。人を惑わせる陰謀論は存在しても、それに異議を唱える相手を打倒するための差別用語としてこの言葉を使うのは、決して賢明な...

2020年12月 米カリフォルニア州(Photo by PATRICK T. FALLON/AFP via Getty Images)
2021.02.08
<オピニオン>沈黙を守るアメリカ人と「良きドイツ人」

私は人間性や人間の行動について長く探究してきたが、2020年ほど深く学んだ年はなかった。私をずっと悩ませていた疑問に対して、予想外の答えを見つけたからだ。それは「...

2021.02.07
九評編集部 新刊:悪魔が世界を統治している
はじめに

東欧の共産主義陣営はすでに崩壊した。しかし、共産主義の邪霊が消滅したわけではない。実際、この悪魔はすでに世界を統治している。人類は決して楽観視することが許されない...

2020年9月18日 米最高裁判所の前で翻る米国旗 (Alex Brandon/AP Photo)
2021.02.03
<オピニオン>全体主義へ進むアメリカ

アメリカで全体主義国家が形成されつつある。官民を問わず影響力を持つグループが、「異なる意見は許さない」という概念を正当化し、一致団結しているからである。ほとんどの...

2021.01.11
〈インタビュー〉マイク・ポンペオ米国務長官「中国共産党は米国に浸透している」

米国の言論を先導する有識者や高官に単独インタビューを行う英字大紀元(エポックタイムズ、Epoch Times)のインタビュー番組「米国の思想リーダー」は、このほど...

米首都ワシントンD.C.の国会議事堂前でインタビューを受ける我那覇真子さん=2020年12月15日(スクリーンショット)
2020.12.30
インタビュー 我那覇真子さん「米国市民は世界のために戦っている」米大統領選報道で脚光

世界中が注目する米大統領選挙の行方について、沖縄出身の保守系政治活動家・我那覇真子さん(31)が伝えるYouTube番組が人気を集めている。スマートフォンのカメラ...

2020.12.18
【特別報道】人類の運命を左右する選挙 求められるトランプ大統領の英断

12月11日、アメリカの最高裁判所は大統領選に関するテキサス州の訴えを退けた。これに対しトランプ大統領は、最高裁判所には勇気と知恵がなく、落胆したとコメントした。...

2020.11.16
【特別報道】米大統領選は正義と邪悪の戦い 人々の未来への選択

244年前、叡智あふれる米国の建国者たちは神に対する信仰心を基に、偉大なる国家・アメリカを建国した。4年前、天命に従ったトランプ大統領は「アメリカを再び偉大にする...

自由の女神像、ニューヨーク。2017年6月撮影(Michael Heiman/Getty Images)
2020.11.12
恐れや好みを排して 読者の皆様とともに真実を追い求める

大紀元の基本は、圧力を受けても変わらない。私たちは政府、企業、政党の影響を受けない独立した報道機関である。あなたのような読者の皆様に支えられてきた。継続的な信頼と...

2020.11.08
大紀元英字版が声明「法廷解決まで大統領選の勝者を発表しない」

真実を知ることがとても難しくなった今、公平で独立したメディアを支持しよう。そして、真実を知ることはこれまで以上に重要になっている。

2020年10月28日、アリゾナ州ブルヘッドシティでの選挙集会に出席するため、ラフリン-ブルヘッド国際空港に到着したトランプ米大統領(BRENDAN SMIALOWSKI/AFP via Getty Images)
2020.11.04
何清漣
2020年のアメリカーー燃えながら2つに分裂するビルのよう

4年に1度国民を総動員する米大統領選挙は、アメリカの政治的安定を維持するための重要なプロセスである。しかし、2020年今回の選挙はこれまでとはまったく違う様相を呈...

中国新疆ウイグル自治区カシュガルでパトロールする治安部隊要員=2019年12月4日(AP Photo/Ng Han Guan)
2020.09.07
中国共産党による臓器狩りの新たな証拠
アラブ人37人、天津で「ハラール肝移植」 待機期間1カ月弱=目撃証言

2020年1月19日、艾麗(アイリー)という中国人女性は、北米の華人向けYouTubeチャンネルの時事討論番組「路徳時評」にゲスト出演した際、臓器狩り問題について...

ポンペオ国務長官と余茂春氏(米国務省)
2020.07.29
米政権の対中政策のキーパーソン その人物像

米紙ワシントン・タイムズは6月15日、独占インタビューを掲載し、トランプ政権で対中政策を担う重要人物として、米海軍兵学校で教授を務める余茂春(Miles Yu、マ...

2014年7月17日、法輪功学習者がワシントンDCに集結し、迫害停止を呼びかける集会とパレードを行った。中国共産党の迫害によって死亡した法輪功学習者の写真を手に持つ女性(Larry Dye /The Epoch Times)
2020.07.20
「610弁公室」―国家権力が駆動する犯罪
中国共産党のゲシュタポ、21年間続く法輪功学習者への集団虐殺

1999年7月20日、当時の江沢民国家主席が「3カ月以内に法輪功を消滅させよ」「肉体を消滅させ、名誉を失墜させ、財力を奪え」との方針を定め、全土規模の弾圧政策を始...

趙立堅・中国外交部報道官(GREG BAKER/AFP via Getty Images)
2020.06.04
中国共産党の「戦狼」外交官、アメリカを目覚めさせた=仏メディア

中国武漢から始まった中共ウイルス(新型コロナウイルス)が猛威を振るうなか、ますます攻撃性が増す中国共産党の「戦狼(戦うオオカミ)」外交は、国際社会から反感を買って...

上海で2018年11月、中国国際AI展示会が開かれた。出展したグーグルのブース(GettyImages)
2020.05.30
ツイッター社取締役に就任したAI学者、李飛飛氏の赤い経歴

李飛飛氏は「グーグルAIチームの中国進出を果した」ことで知られている。一方、中国政府と深いつながりも持つ。中国系AI学者・李飛飛氏を起用したツイッターが今後、中国...

ローマ教皇フランシスコが3月27日、雨に濡れた無人のサンピエトロ広場で祈りを捧げた際、冒頭で「広場と通りには、暗闇が深まり、私たちは恐怖におびえた」と語った。(YARA NARDI / POOL / AFP)
2020.05.13
中国共産党擁護のバチカン、枢機卿12人が感染 臓器狩り美化も

ローマ教皇フランシスコが3月27日、雨に濡れた無人のサンピエトロ広場で祈りを捧げた際、冒頭で「広場と通りには、暗闇が深まり、私たちは恐怖におびえた」と語った。

過去十数年の歴史を振り返れば、中国共産党は実にさまざまな手段で国連に対して浸透工作を行ってきた(GettyImages)
2020.05.08
中国共産党に浸透された国連、コロナ禍でその深刻さ明らかに

中国共産党政権の無作為と隠ぺいにより、中国共産党ウイルスが全世界に拡散し、貴重な人命が失われた。にもかかわらず、防疫を担当する世界保健機関(WHO)のテドロス事務...

2017年2月23日、湖北省武漢市にあるP4実験室では防護服姿の研究スタッフが作業していた(Johannes Eisele/AFP、Getty Images)
2020.05.04
武漢P4ラボ誕生の内幕 計画から締め出された仏と中国の暴走=RFI

フランスの全面的協力で建設した中国科学院武漢ウイルス研究所のP4実験室(武漢P4ラボ)。中共ウイルス(新型コロナウイルス)を漏えいした疑いが持たれていることで、世...

^