大紀元時報
トップ オピニオン

オピニオン

共産主義の最終目的 大紀元インタビュー
2019.06.23
『九評』編集部新刊
悪魔が世界を統治している 序章

ソビエトと東欧を支配していた共産主義政権の崩壊は、半世紀にわたって続いた東西冷戦の終わりを告げた。多くの人々は共産主義をすでに消失したものとみなし、過去の遺物にな...

2019.06.20
『九評』編集部新刊
『悪魔が世界を統治している』前書き

東欧の共産主義陣営はすでに崩壊した。しかし、共産主義の邪霊が消滅したわけではない。実際、この悪魔はすでにこの世界を統治している。人類は決して楽観視することが許され...

2019.06.19
『九評』編集部新刊
『共産主義の最終目的』終わりに

五千年間に及ぶ歴史劇の幕が下ろされつつある今日、人類は最後の試練に直面している。共産邪霊は世界を混乱させ、人類史上まれに見る大きな災難を作り出した。数億人を殺害し...

2019.06.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第六章(下)「憎悪」を国家の支柱とする

中国共産党を解体し、人間世界における共産主義のあらゆる存在型式を除去し、伝統に回帰し、心の奥にある善良な一念を持ち続けることによってはじめて、生命は希望を見出すこ...

2019.06.17
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第六章(上)「憎悪」を国家の支柱とする

共産邪霊は主として「恨(うらみ)」によって構成される。「恨(うらみ)」は物質的存在で、生命力をもつ、つまり、「恨(うらみ)」は一種の生命である。共産邪霊を構成する...

2019.06.16
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第五章(下)邪霊が位を簒奪し文化が廃れる

茫々(ぼうぼう)たる宇宙の中、いかなる生命も神の掌握から逃れることはできない。神はこれらのことを見ている。邪悪な中国共産党と江沢民のやることなすこと全てが、天地と...

トランプ大統領の次男エリック・トランプ氏の妻ララ氏は、このほど、大紀元英字版のインタビューに応じた(screenshot)
2019.05.27
トランプ氏、孫を想う普通のおじいちゃん=トランプ・ファミリー次男の妻インタビュー

英字大紀元はこのほど、ドナルド・トランプ氏の2020年大統領選キャンペーン上級顧問であるララ・トランプ氏に話を聞いた。ララ氏は、ドナルド・トランプ氏の次男エリック...

2019.04.23
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第五章(上)邪霊が位を簒奪し文化が廃れる

邪霊は無神論を推し広め、強制的に人々の心から神の存在を抹消した。人間が根のない浮草のように、この一生一世しかなく、死ねば万事休すと思うように仕向けた。

G20サミットに出席したトランプ大統領(Photo by SAUL LOEB / AFP) (Photo credit should read SAUL LOEB/AFP/Getty Images)
2018.12.10
評論
必死の中国と余裕のアメリカ G20米中「停戦協定」で勝負は持ち越し

ブエノスアイレスで開かれたG20サミットには1つの重要な目的があった。それは米中間で貿易の合意を達成することだ。しかし、公開された合意文書を見れば、それが事実的な...

2018.10.23
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第四章(下) 共産邪霊、人類を破滅の道へ

憎悪によって構成された邪霊は殺戮(さつりく)によって勃興し、欺瞞(ぎまん)を用いて拡張し、民衆の闘争心を掻き立てることで天下を乱した。そして全人類を壊滅させるとい...

2018.10.15
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第四章(上)共産邪霊 人類を破滅の道へ

文化大革命後に中国共産党は自身の存続危機を乗り切るために、「改革開放」政策を採り始めました。一夜にして「階級闘争が基本路線」から「経済建設を中心」へ、「食べ物も惜...

2018.09.30
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊

伝統文化の破壊と道徳腐敗の流れに数多くの人々が身を任せている。このような人々は神の教戒を理解する力を失い、完全に消滅されるという結末がすでにそこまで迫って来ている...

9月26日、ニューヨークで開かれた国連安全保障理事会で円卓に座る米トランプ大統領(GettyImages)
2018.09.29
評論
トランプ大統領の失望 習近平主席は「もう友人ではないかも」最後通告か

今年の国連総会で、トランプ大統領は間違いなく最もスポットのあたる人物だった。最終日、彼は「習主席とはもう友人ではないかもしれない」との爆弾発言で、メディアからはさ...

2018.09.24
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』 
第三章(上)共産邪霊の手段:殺戮

共産党の歴史は殺人の歴史であり、殺戮を推奨しなければ、無神論を中国の隅々まで広めることができなかった。神から伝わった文化を破壊し、中華民族を畏敬の念のない民族にす...

2018.09.20
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第二章(下)赤魔の陰謀:人類を壊滅させる

社会全体の道徳がよみがえり、心が浄化され、伝統を回復させ、そして神の民として再建され、このようにしてはじめて人類は劫難から逃れることができる。終焉(しゅうえん)は...

2018.09.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第二章(上)赤魔の陰謀:人類を壊滅させる

世の人は邪霊の支配を振り切り、邪霊の陰謀を打ち砕く機会があるのだろうか?もちろんある。それはつまり、自ら道徳を取り戻し、貪欲に駆られ目前の繁栄に誘惑されず方向を見...

2018.09.18
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』
第一章 中心なる国 神より伝えられた文化

共産党が国民を絶え間ない「政治運動」に駆り立てるのは、中華伝統文明を徹底的に壊滅させるためであり、道徳が崩壊の危機に瀕したときに人が救われる一切の可能性を断絶する...

2018.09.17
『九評』編集部新刊
『共産主義の最終目的』序文

100年前、世界初の共産党政権ソビエト共産党が誕生した。わずか一世紀のうち、共産主義による犠牲者は1億人にのぼるとされている。共産党はその誕生の時から、救世主の存...

全米オープンを制し、四大大会制覇を果たした大坂なおみ選手だが、会場に響くブーイングに悲しみの涙を流した。肩を抱く前回大会の覇者セリーナ・ウィリアムズ選手(GettyImages)
2018.09.11
全米OP決勝、涙の大坂なおみと怒りのセリーナ 共感を得られない左派メディアの論点そらし

大坂なおみ選手がテニス全米オープンを制覇し、日本人選手による初の四大大会優勝に日本中が沸いた。しかし、新女王となった大坂の涙はうれし涙ではなく、観客が審判判断を不...

中国共産党の化けの皮をはがすトランプ政権(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
2018.09.06
中国共産党の化けの皮を剥がすトランプ政権

米国議会の「米中経済安全審査委員会(USCC)」は8月24日、「中国共産党の海外における統一戦線工作」と題する報告書を発表し、中国共産党による各種工作活動の実態を...

米学者のピーター・マティス氏は外交専門誌ナショナル・インタレストに寄稿し、米国などが中国共産党政権の崩壊に備えようと提案した(Getty Images)
2018.08.09
末期症状の中国共産党 米学者「崩壊に備えよう」

米シンクタンク、ジェームズタウン財団研究員のピーター・マティス氏はこのほど、外交専門誌ナショナル・インタレストに寄稿し、中国共産党政権(以下、中共)が間もなく崩壊...

先月中旬、米露首脳会談後に米メディアがトランプ大統領を痛烈に批判したが、その後に行われた世論調査ではトランプ大統領への支持率は大きく下落することはなくやや上昇したことがわかった(Photo by Christopher Gregory/Getty Images)
2018.08.06
トランプ大統領支持率の上昇と左翼メディアの失敗(2)

最新世論調査では、主流メディアからの批判を浴びるトランプ米大統領の支持率が下落することがなく、逆に45%に上昇したと示された。

今月中旬、米露首脳会談後に米メディアがトランプ大統領を痛烈に批判したが、その後に行われた世論調査ではトランプ大統領への支持率は大きく下落することはなくやや上昇したことがわかった(Photo by Christopher Gregory/Getty Images)
2018.07.30
トランプ大統領支持率の上昇と左翼メディアの失敗(1)

もし、レーガン大統領が「テフロン・プレジデント(Teflon president、批判などで傷つかない大統領)」であるなら、トランプ大統領は「防弾大統領(bull...

中国複合大手の海航集団(HNAグループ)の王健・共同創業者は3日、視察先のフランスで事故死した(Getty Images/大紀元合成)
2018.07.09
中国HNAグループ共同創業者が転落死、深まる謎

中国複合企業、海航集団(HNAグループ)は4日、共同創業者で会長の王健氏(57)が、視察先のフランスで事故死したと発表した。同社が過剰債務で経営難に陥っている現在...

中国人民銀行は24日、市中銀行の預金準備率を0.5%引き下げると発表した(AFP)
2018.06.27
中国の経済専門家、「バブルの崩壊はすでに始まっている」

米中貿易摩擦の激化、中国の株安、人民元の対ドルでの下落、5月経済統計の不振。中国経済の先行き不透明感が強まるなか、中国人民銀行は24日、市中銀行の預金準備率を0....

米中貿易協議は3回目となる交渉が終了したが、いまだに着地点を見出していない(AFP/Getty Images)
2018.06.09
米中貿易摩擦の核心は「赤字削減」ではない 

着地点がなかなか見えない米中通商協議は3日、3回目の交渉が終了した。共同声明が発表されていないことから、交渉が決裂したとみられる。5日付の米紙ウォールストリート・...

トランプ米大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡で、6月12日シンガポールで開催予定の米朝首脳会談を中止すると通告した(Mandel NGAN/AFP)
2018.05.26
策に溺れた? 米朝首脳会談の中止で北朝鮮が劣勢に

トランプ米大統領は24日、6月12日シンガポールで開催予定の米朝首脳会談を中止すると発表した。大統領は同日の記者会見で、北朝鮮に対して最大限の圧力と制裁措置を継続...

米国のムニューシン財務長官(左)、トランプ大統領(中)とライトハイザー通商代表(右)。(Chip Somodevilla/Getty Images)
2018.05.23
メンツが大事?
通商交渉に温度差 米「満足していない」中国「ウィンウィン」

ムニューシン米財務長官は20日、中国が米製品の購入拡大と関税引き下げを実施する期間中、中国製品への追加関税措置について「保留する」意向を示した。また、長官は、中国...

米中貿易摩擦が高まるなか、中国当局内部でも意見が相違する2派がいる。(Photo by Spencer Platt/Getty Images)
2018.04.11
習近平氏の市場開放宣言、「確実な実行が必要」=程暁農氏

中国の習近平国家主席は10日、ボーアオ・アジア・フォーラムで講演を行い、外資企業の参入規制緩和・知的財産権保護の強化、自動車などの関税引き下げなどを表明した。米中...

2018年3月、仏パリで自社製品のプロモーションを行う華為(ファーウェイ、HUAWEI)CEOの余承東(リチャード・ユー)(ERIC PIERMONT/AFP/Getty Images)
2018.04.03
中国技術移転問題
共産党、陰に日向に「社会主義の中国モデル普及」目指す

中国共産党は、スパイ工作、為替操作、サイバー攻撃、知的財産など、米国経済を打撃する包括的な戦略を何十年も行ってきた。少なくとも、鄧小平時代の40年前、ハイテク発展...

^