THE EPOCH TIMES
トップ 王立軍
王立軍
1月23日、中国臓器移植の問題について取り組むSMGネットワークの発足会が参議院議員会館で開かれた。マイクを手にするのは、同問題を調査する元カナダ政府アジア太平洋地域担当大臣デービッド・キルガー氏、その右がイスラエルの心臓外科医ジェイコブ・ラヴィ氏、手前は国際人権弁護士デービッド・マタス氏(山田宏参議院議員Twitterより)
SMGネットワークが発足   非人道性疑われる中国臓器移植ビジネス 日本が係わらないよう呼びかけ 山田宏議員、城内実議員ら
2018.01.26
中国では、臓器がどこから提供されているのか明かされていないが、臓器移植手術件数は年間数万件~十数万件と推計されている。(Jafaar Ashtiy/AFP/GettyImages)
臓器狩りの闇   中国移植の権威、「3年後には移植世界一」と豪語 専門家「プロバガンダ」
2017.08.02
江派との生きるか死ぬかの戦いの真っ最中にいる習主席が直面している内政問題は、トランプと比べてはるかに深刻だ。さらに中国には経済危機が起きる危険性も潜んでいる。今秋に予定されている19大の前に習主席が政権内部をいかに掌握するかは、19大までの8カ月間の反腐敗運動の成果にかかっている( Drew Angerer/Getty Images)
分析 トランプ大統領の態度が一転 「一つの中国」容認の理由は(2)
2017.03.07
2012年2月6日、中国四川省成都市の米国総領事館に駆け込んだ、王立軍・元重慶市副市長(ネット写真)
王立軍事件の内幕 米政府が王立軍亡命を拒否した理由=米メディア
2016.09.12
6月15日、中国元最高指導部メンバー周永康の子周濱は1審で懲役18年の刑を言い渡された(ネット写真)
中国元最高指導部メンバーの妻と息子 懲役9年と18年
2016.06.17
天津市第一中級人民法院(地裁)に姿を見せた周永康被告 (中国中央テレビのスクリーンショット)
周永康について知るべき5つのこと
2015.06.13
 ロック元米駐中国大使 (Getty Images)
元米駐中国大使、王立軍亡命未遂事件の裏を語る
2015.05.21
 (GREG BAKER/AFP/Getty Images)
中国公安部極秘監視システム、「全国民を常時見張る」
2014.11.17
習近平主席と江沢民元主席 (WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
香港政論誌、「習近平と江沢民の命がけの戦い」
2014.10.16
王立軍の裁判、2012年9月(CCTVよりスクリーンショット)
王立軍に追加求刑か 米、政変計画書を中国に提供=海外華字サイト
2014.03.13
ゲイリー・ロック在中国大使 (ChinaFotoPress via Getty Images)
米国ロック在中国大使が辞任 「当局は彼に耐えられない」とネットの声
2013.11.21
9月5日、大阪で講演中のデービッド・マタス氏 (新唐人)
デービッド・マタス講演記録 日本は何をなすべきか(前編)
2013.09.13
周永康氏と調査専門グループの責任者とされる中央規律検査委員会の劉建華主任(大紀元合成)
周永康氏、すでに軟禁か 薄煕来被告の供述に「政法委の指示」
2013.09.04
薄煕来の妻谷開来が執行猶予付き死刑判決を受けた安徽省合肥市の中級人民法院 (Lintao Zhang/Getty Images)
薄煕来を正式起訴 専門家「肝心な犯罪事実を隠している」
2013.07.29
今年3月、何事も無いかのように振る舞う薄熙来氏(Getty Images)
薄熙来の「残党」どう処理するか 党内一致いまだ成らず
2012.10.04
北京の人民大会堂前。11月8日から第18回党大会が開かれる(AFP PHOTO/GOH CHAI HIN)
薄煕来氏、政治生命終焉 指導部、胡総書記への団結を強調
2012.09.29
18日、四川省成都中級法院(地裁)の初公判に出廷する王立軍被告(スクリーンショット)
王立軍被告に懲役15年判決 新華社、薄煕来氏の犯罪容疑をほのめかす
2012.09.24
王立軍前副市長の初公判が開かれた成都市中級人民法院。写真は18日撮影(GOH CHAI HIN/AFP/GettyImages)
米総領事館駆け込みの王立軍被告が初公判、薄氏関連情報を提供か
2012.09.19
起訴された王立軍:左、谷開来に殺害されたヘイウッド氏、薄煕来氏(大紀元)
薄氏元腹心が国外逃亡などで起訴される 次は薄氏か
2012.09.06
外交紙に発表されたジャクソン・ディール論説副編集長の文章(同紙スクリーンショット)
米有名コラムニスト:共産党政権は全面的崩壊に直面 もっと心構えを
2012.09.04
谷開来被告と薄煕来氏(ネット写真)
薄煕来事件 妻の英国人殺人事件から切り離される 注目される処遇
2012.08.22
イギリス人ビジネスマン・ヘイウッドは、かつて英国でも暴漢に追われた経験も持つ。(大紀元、合成写真)
<赤龍解体記>(78)ヘイウッド氏、英国で中国人暴漢に追われていた=英メディア
2012.08.13
「唱紅打黒」に尽力した王立軍の片腕 拘留される
2012.07.10
中共の「臓器狩り」実演を披露するカナダ在住の法輪功学習者たち(Central News Agency)
米領事館駆け込み事件の中共高官 「臓器狩り」資料を提供か
2012.06.23
3月6日、全人代に出席した薄煕来氏(Getty Images)
米メディア「薄煕来氏、公開審理される」 専門家は否定的
2012.06.09
王立軍氏に死刑か 上層部に近い情報筋が暴露
2012.05.11
米大使館に駆け込む方法を指南=香港電子雑誌
2012.05.08
中国語メディアとしては世界最大の発行範囲をもつ「大紀元時報」。重慶事件以来、世界中の注目を集めている(大紀元)
【独占インタビュー】米民主活動家・唐柏橋 世界メディア「いま大紀元に注目」
2012.05.05
【特別報道】中共政権、激変が目前 決断の時がやってきた
2012.05.04
新華社 「国際大手メディアは法輪功に取り込まれた」と批判
2012.05.03
^