古代中国の神秘的な天文官「欽天監」

古代エジプト人は、太陽とシリウスの位置を観測することによって、ナイル川の増水期を判断していました。古代メソポタミア(現在のイラク)で大規模に建築された建築物は、天体観測を目的としたジッグラト(天文台)でした。中国においては、2000年以上前の戦国時代から星図が応用されていました。中国では古代から清王朝に至るまで、天文現象を観測し、天の意志を予測する部門と人員が絶えずに存在していました。
2021/03/21

あなたはどう思う スマホのなかった昔は幸せだった?!  

ノートパソコン、タブレット、スマホなどの出現で我々の生活は非常に便利になりました。特にスマホさえ手に持っていれば、音楽を聞くことやチャット、ゲーム、自撮りなどができるだけではなくて、ショッピングや会議までもできてしまいます。
2016/09/23

イギリス、日本を抑え中国の研究協力相手国2位

【大紀元日本10月18日】英シンクタンクNestaと英国研究理事会(RCUK)はこのほど、中国の科学技術研究に関する評価報告を発表した。英中が共同執筆した論文の数は、米中に次ぎ2位であり、中国はとりわ
2013/10/18

「触れる」3Dテレビを実現=産総研

 【大紀元日本9月2日】産業技術総合研究所(通称:産総研)の研究グループは、人間の錯覚を利用して3D映像に感触や手応えを感じさせるシステム「i3Space(アイ・キューブ・スペース)」を開発した。この
2010/09/02

「今後地震は多発」 青海大地震を予測した中国の専門家

 【大紀元日本5月23日】「E96,N33の地域で、今後80時間以内に地震が発生する」。4月11日、中国のネット上のブログで出されたこの地震予告。E96,N33は青海省玉樹の所在位置だった。 青海地震
2010/05/23

アメリカで最も人気のある職種、IT関連3分野

【大紀元2月11日】アメリカ先端科学技術産業の中で、もっとも富裕な上位1000人の事業主の中で、3分の1はインターネット関係の仕事を従事しており、その中でも、ソフトウエアエンジンニア、ゲームデザイナー
2005/02/20