大紀元時報
トップ 臓器
臓器
(YouTube Screenshot  BBC)
2019.08.29
胸から突き出た心臓を持つ女の子

ここに写っている女の子は。同じくらいの歳の子と何も変わらず、活気に満ち走り回っています。でも、彼女のお腹を見ると、実は彼女が特別な存在なのだということがわかるはず...

2017年6月、新疆ウイグル自治区カシュガルの旧市街地にある広場で民族舞踊を舞う市民(Kevin Frayer/Getty Images)
2017.12.15
ウイグル自治区
中国当局、新疆で1900万人のDNA採集 「無料の全民検診」実施

中国当局は新疆ウイグル自治区で住民からDNAなど生体データを採集している。国際NGO人権組織の「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch...

リムリック大学病院のカルバン・コフィー(J. Calvin Coffey)教授(リムリック大学HPのスクリーンショット)
2017.01.08
最新医学研究報告
医学誌「ザ・ランセット」 人体に新しい臓器発見

アイルランドにあるリムリック大学病院(University Hospial Limerick)の研究チームは2016年末、消化器系に新しい臓器があると発表した。発...

在上海日本国総領事館は19日、市内の大型スーパー内で日本人の子どもの連れ去り未遂が起きていたことを公式ページで明かし、在中邦人へ警戒を呼び掛けた。写真は、床に描いたマスで遊ぶ湖南省の子ども。参考写真(David Woo/Flickr)
2016.10.25
児童の人身売買の影
上海、日本人の子ども連れ去り未遂 誘拐後の恐ろしさは…

 在上海日本国総領事館は19日、市内の大型スーパー内で女児の連れ去り未遂が起きていたことを公式ページで明かし、在中邦人へ警戒を呼び掛けた。中国は、児童誘拐は毎年2...

20年前の臓器摘出手術について語るアニワル・トフティ医師(大紀元)
2016.03.18
英国に亡命の医師 死刑囚の臓器摘出体験語る

ウイグル人医師のアニワル・トフティ氏が広島・長崎被爆70周年「核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」で講演するため、11月22日にイギリスから来日した。

BMJが掲載した「受刑者臓器問題に関する中国政府の文字ゲーム」という見出しの記事(スクリーン・ショット)
2015.11.13
中国死刑囚臓器利用停止の声明、「国際社会を騙す文字ゲーム」=英有力医学誌

世界五大医学誌の一つ、英国医師会が発行するブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の最新号が掲載した医学専門家の連名文章は、中国政府が2014年12月に発...

ドキュメンタリー映画「人狩り」の宣伝ポスター (大紀元)
2015.11.06
ドキュメンタリー映画「人狩り」 英国際放送協会最優秀賞

中国での受刑者に対する組織的臓器収奪疑惑の調査を収録したドキュメンタリー映画「人狩り(Human Harvest)」が、4日夜にロンドンで開かれたAIB(国際放送...

術後に腎臓がなくなった河南省の女性。ネットユーザーら「裏が深すぎる」(大紀元)
2015.11.02
中国人女性、術後片方の腎臓がなくなった 

中国では臓器をめぐる事件が再び取り上げられている。中国メディアはこのほど、河南省在住の女性の腎臓が手術後に消えていたという出来事を報じた。その女性は過去に直腸瘤の...

2015.07.03
「国連は臓器収奪の中国調査を」医学倫理組織や人権団体が促す

【大紀元日本7月3日】中国で法輪功学習者など受刑者の臓器が臓器移植手術用に収奪されているとの疑惑について、関連医師会や人権団体などが6月24日、ジュネーブの国連事...

2014.10.31
杭州臓器移植大会、国際組織は欠席 「臓器狩り」再注目

【大紀元日本10月31日】中国臓器移植大会2014(Chinese Transplant Congress)が29日から31日にかけて、杭州市で開かれた。もともと...

刑務所の中の病院 (AFP/Getty Images)
2012.12.15
「政治犯の臓器を取るのは当たり前」 中国での死刑囚臓器奪取の実態(六)

刑務所の中の病院 (AFP/Getty Images) 【大紀元日本12月15日】北京で長年ビジネスコンサルティングに携わり、『失去新中国(新中国を失う)』の著者...

「臓器摘出の特別車」とは写真のような救急車の改造車か? (Getty Images)
2012.12.10
麻薬取締官:政治犯処刑現場に「臓器摘出の特別車」 中国での死刑囚臓器奪取の実態(四)

「臓器摘出の特別車」とは写真のような救急車の改造車か? (Getty Images)【大紀元日本12月9日】北京で長年ビジネスコンサルティングに携わり、『失去新中...

9月、医療関係者ら専門家による臓器奪取の米国議会公聴会の様子(大紀元)
2012.12.07
外科医「私は人を殺した」 中国での死刑囚臓器奪取の実態(三)

9月、医療関係者ら専門家による臓器奪取の米国議会公聴会の様子(大紀元)【大紀元日本12月7日】北京で長年ビジネスコンサルティングに携わり、『失去新中国(新中国を失...

ウイグル人警察官も臓器奪取の実態を証言する、本写真は別人(AFP)
2012.12.05
ウイグル人警察官の証言: 地獄からの悲鳴 中国での死刑囚臓器奪取の実態(二)

ウイグル人警察官も臓器奪取の実態を証言する、本写真は別人(AFP)【大紀元日本12月5日】北京で長年ビジネスコンサルティングに携わり、『失去新中国(新中国を失う)...

2012.11.30
処刑所からの証言 中国での死刑囚臓器奪取の実態(一)=イーサン・ガットマン

【大紀元日本11月30日】北京で長年ビジネスコンサルティングに携わり、『失去新中国(新中国を失う)』の著者イーサン・ガットマン(Ethan Gutmann)は今年...

9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元)
2012.10.06
中国の臓器狩り 106名米議員、米政府に情報公開を要請

9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元) 【大紀元日本10月6日】米民主党と共和党議員合わせて106人が4日、連名でク...

2011.12.10
何清漣:中国の極めて汚い二つの産業 人身売買と人体の臓器売買

 【大紀元日本12月10日】最近のインターネットによる情報によると、武漢市紡織大学の三年生の女子大生が求職活動中に殺害され、腎臓が摘出された。警察当局は声明文で、...

7月26日、スイスのヌーシャテルで「ル・タン」紙の取材を受けたアブドゥさん(ネット写真)
2010.07.31
ウイグル人元特殊警官、欧州逃亡中 スイスメディア「中国の臓器裏取引の重要証人」

 【大紀元日本7月31日】新疆ウイグル自治区の元特殊警官だったウイグル人のアブドゥ・レイムさんが26日、逃亡先のスイスジュネーブで、「ル・タン」紙の取材に応じた。...

臓器移植手術(Getty Images)
2009.08.30
臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国

 【大紀元日本8月30日】8月25日、中国衛生部が主催したシンポジウム「全国人体臓器提供会議」が上海で開かれ、中国における臓器移植件数が年間1万1千件に達し、世界...

国連拷問問題の特別調査員で、オーストリアの法学教授マンフレッド・ノーワック氏(GETTY IMAGES)
2009.08.13
国連拷問特別調査官:生体臓器狩り、今も中国で...

 【大紀元日本8月13日】国連拷問特別調査官マンフレッド・ノーワック氏(Manfred Nowak)は最近、英文大紀元の取材に、法輪功学習者が中国で生きたまま臓器...

シンポジウムに臨む人権弁護士デービッド・マタス
2009.07.08
中国「臓器狩り」シンポジウム:マタス氏囲み、専門家らが意見交換

 【大紀元日本7月8日】中国「臓器狩り」はいまだに続いていることを伝える人権弁護士デービッド・マタス氏を囲み、東京・文京で7月7日、シンポジウムが開かれた。臓器移...

カナダ議会で開かれた記者会見=強制労働収容所での自らの境遇を証言した陳桂芝さん(左2)、監禁された夫の救出を訴える姚聯さん(中)、中国刑務所で生きた法輪功学習者からの臓器狩りを証言する元外交官のキルガー氏(左3)(大紀元)
2009.04.10
カナダ:訪中の貿易大臣に、法輪功弾圧問題を陳情

 【大紀元日本4月10日】カナダのストックウェル・ディ国際貿易相の訪中にあたり、カナダ法輪大法仏学会は4月6日国会で記者会見を開き、同相に対し訪中の際に、法輪功集...

国連の人権委員会で証言する国連特派調査員マンフレッド・ノーワック氏(Getty Images)
2008.11.24
国連、中国に臓器狩りの実態調査命じる

 【大紀元日本11月24日】国連は11月21日、中国当局に対し、集団弾圧されている法輪功学習者が虐待・拷問の末、臓器を強制摘出され、それらを売買しているとの告発を...

フェニックス・テレビの番組で、調査団の電話録音で話したことを認めた医師・芦氏
2008.08.26
中国臓器狩りの新証拠、独立調査団が公開

 【大紀元日本8月26日】中国の臓器強制摘出の実態を調査する独立調査団のメンバー、元カナダ国会議員のデービット・キルガー氏と国際人権派弁護士デービット・マタス氏は...

中国共産党による法輪功学習者を狙った臓器狩りを糾弾するガルシア・ギャロン医師
2008.08.17
世界臓器移植協会:医師はみな中共の臓器狩りを知っている

 【大紀元日本8月17日】中米グァテマラからやって来た世界臓器移植協会(The Transplant Society)会員ルドルフ・ガルシア-ギャロン(Rudol...

講演中のマタス弁護士(大紀元)
2008.08.10
カナダ人権弁護士、中国当局の臓器狩り実態を語る=メルボルン

 【大紀元日本8月10日】カナダ著名の人権派弁護士デービット・マタス氏は8月6日、オーストラリア・メルボルン大学でシンポジウムを開き、中国当局による法輪功学習者の...

豪州ステファン・スミス外相(AFP)
2008.07.16
豪外相、法輪功学習者に書簡:臓器狩りの告発は信用できる

 【大紀元日本7月16日】豪州ステファン・スミス外相は先月、豪州在住の中国伝統画家の章翠英(ジャン・ツイイン)さんに書簡を送り、2006年にカナダ人権弁護士により...

2008.06.29
死刑囚の臓器摘出、遺族が陳情・訴訟中=新疆ウイグル

 【大紀元日本6月29日】新疆ウィグル自治区で、死刑囚の臓器が執行前に生きたまま摘出されたと訴え、その売買代金の支払いなどをめぐり、遺族が訴訟を起こした。しかし、...

人権聖火は、台湾入りし、23カ所をリレーする(大紀元・唐賓)
2008.06.03
【人権聖火リレー】台湾入り、中国共産党の人権侵害を非難

 【大紀元日本6月3日】34カ国をリレーした人権聖火は6月1日午後5時に台湾の台北市で引継がれ、歴史的な時が刻まれた。人権聖火を持ちリレーするグループは総統府を出...

今年3月の国連会議に参加した国連拷問問題特派員マンフレッド・ノーワック氏。2005年末に中国入りして拷問問題についての現地調査を行い、最初に中国入りして拷問問題を調査した国連関係者。同氏によると、法輪功学習者への拷問事件は国連報告の中国関係の66%を占めているという(明慧ネット)
2008.05.09
08年度国連報告書:中国当局による臓器狩りの責任追及

 【大紀元日本5月9日】国連信教の自由特別調査官アスマ・ジャハンギル氏と、国連人権委員会拷問問題特別調査官マンフレッド・ノーワック氏はこのほど、中国共産党(中共)...

^