サウジアラビアの砂漠で発見された謎の割れた巨岩:宇宙人の仕業か?

巨大な岩がまるでレーザーで切られたかのようにきれいに二つに割れたことが、科学者たちやインターネット上での大きな謎となっています。
2024/06/03 Michael Wing

巨人族時代のもの? 支石墓の謎【未解決ミステリー】

長年にわたってオランダ・ドレンテ州には50以上の巨石群が点在しており、一番重いものでは25トンもあります。オランダでは、この巨石は「巨人」によって運ばれ、積み上げられたと信じられています。しかし、山もなく岩もないオランダのどこから、この巨石が運ばれてきたのでしょうか?そして、誰がこのように築き上げたのでしょうか?
2024/04/23 李扶摇

2000年前の中国に科学技法が存在!?秦朝の兵器はなぜ錆びないのか

湖南省のある展示会では、兵馬俑と一緒に発掘された青銅剣、銅矛、銅の大弓などの青銅の兵器が飾られました。これらの兵器は2000年余り埋められていたにも拘らず、新品のようにピカピカ光って、まったく錆びた痕跡がありません。専門家は、これらの兵器の錆びない原因が化学クロムメッキ技術で処理されたからだと指摘しています。

米国グランドキャニオンの未解明の謎

グランドキャニオンは、雄大な景観で世界的に知られています。このグランドキャニオンは、約20億年にわたる地球の地殻変動を刻み、世界遺産としても登録されています。グランドキャニオンの有名な謎の一つは、これらの堆積岩の中に痕跡のない10億年という長い期間があるということです。
2021/09/07

大脳の中に第三の目か!?

米メリーランド大学研究員の吉沢氏 (Masato Yoshizawa)は、メキシコの洞窟に棲息するブラインド・ケーブ・フィッシュ(Blind cave fish)が、光に反応すると発表した。この魚は暗闇で棲息するために目が退化しているのが特徴だが、同氏が水槽を洗っている時に、影に反応するのを偶然発見したという。この魚の目には光の受容体がなく、感光するのを松果体が助けていると結論付けた。
2020/03/07

アイルランドの岸に打ち上げられた謎のボート 奇妙なメッセージが!?

2016年の秋に謎の船舶がアイルランドのマヨ群の岸で発見されたとき、沿岸警備隊は驚きました。その船舶は、カナダから大西洋をはるばる渡ってきたもので、どのようにたどり着いたのか、地元の人々は不思議に思いました。何かが岸に打ち上げられるのは、よくあることですが、船体の長さ約6メートル、幅約3メートル、ポリスチレンの底と木製のボディ、天井部分に太陽光パネルを搭載した無人のボートは、捜査員たちの度肝を抜きました。船体には多少の痛みがあるものの、保存状態は大変良いものでした。
2019/09/05

大脳の中に第三の目か!?

米メリーランド大学研究員の吉沢氏 (Masato Yoshizawa)は、メキシコの洞窟に棲息するブラインド・ケーブ・フィッシュ(Blind cave fish)が、光に反応すると発表した。この魚は暗闇で棲息するために目が退化しているのが特徴だが、同氏が水槽を洗っている時に、影に反応するのを偶然発見したという。この魚の目には光の受容体がなく、感光するのを松果体が助けていると結論付けた。
2019/02/04

秦の始皇帝陵

 中国初の皇帝となった秦の始皇帝(紀元前259~210年)の墓「秦始皇帝陵」は、陝西省西安市から北東に30キロメートル離れた驪山(りざん)の北側にある。この墓は1974年に地元住民によって発見され、その後、墓を取り囲むように配置された8千数百体に及ぶ兵士や馬をかたどった兵馬俑(へいばよう)が発掘された。しかし、規模が大き過ぎる上に、発掘された文物を保護する技術が未熟なため、墓本体の地下宮殿は依然として埋もれたままである。未発掘のこの地下宮殿には七つの謎が伝わる。
2016/02/17

中国の奇人=空のたらいから3万元をすくい出す

 【大紀元日本10月27日】何も入っていない水を張ったたらいの中から、たくさんのお金をすくい出してくれるという、信じられないパフォーマンスが披露された。 ウェブサイトは120万円の懸賞をかけて謎解きを
2010/10/27