THE EPOCH TIMES
トップ 6中全会
6中全会
夏小強氏は「王氏の留任は第1ステップで、それに続いて、習氏は自らの2期10年間2022年までの慣例の任期を延長するであろう」と習政権の長期化を予測した (Photo by Feng Li/Getty Images)
「核心」となった習近平氏の今後の人事予測=中国問題専門家
2016.11.10
(YouTubeスクリーンショット)
汚職の実態   腐敗撲滅ドキュメンタリーから見る習政権の意図
2016.11.08
会議を総括する6千字あまりのコミュニケでは、「習近平同志を核心とする党中央」と2回も明記され、党内において習氏が絶対的かつ最高な権力を有するのが確実となった
中国政治分析   中国 6中全会コミュニケから予想される4つの政治動向
2016.11.04
中国共産党中央政治局が10月28日に開催した経済会議において、今後の金融政策について初めて「資産バブルの抑制」を取り入れた。(参考写真)
中国不動産バブル   中国政府、異例の経済会議 さらに厳しい「資産バブル抑制」を示唆
2016.10.31
中国共産党が崩壊することで、はじめて中国と中国国民に新たな希望と再生を見出すことができる(GettyImages)
大紀元コラムニスト 程晓容   驚きの腐敗実態と大規模デモ多発からみる中国共産党の末路(2)
2016.10.29
腐敗官員らが受け取った莫大な賄賂のほんの一部だけで、多くの貧困に苦しむ国民の生活を直ちに改善することができたはず。しかし、共産党政権は根本的に自らの権力強化以外に興味がないのだ(GettyImages)
大紀元コラムニスト 程晓容    驚きの腐敗実態と大規模デモ多発からみる中国共産党の末路(1)
2016.10.28
中国社会科学院経済研究所などの3つの政府系シンクタンクは21日、合同で発表した『中国上場企業青書:中国上場企業発展報告(2016)』において、昨年起きた株価大暴落に関して「一部の官員が国難を便乗して儲けようとした」と非難した。(ChinaFotoPress/Getty Images)
江沢民派をけん制   中国政府系シンクタンク、「6月の株暴落は国難に便乗」と関係者を批判
2016.10.24
^