AFP社:最も印象的な写真2007(2)

2007/12/22
更新: 2007/12/22
コメント

【大紀元日本12月22日】AFP通信はこのほど、2007年もっとも印象的な写真を選出した。2007年に発生した国際的にホットなニュースを中心に、スポーツ自然災害および環境など、目を見張る瞬間をとらえている。

2007年10月13日、コロンビアのコカ川流域の金鉱で起きた崩落事故で、少なくとも21人が死亡、24人が負傷した。写真は、救出作業の合間に休息をとっている作業員(AFP PHOTO/Carlos Julio MARTINEZ)

2007年8月18日、ペルーの首都リマから240キロメートル離れた地区で震度7・7の強烈な地震が発生。倒壊した教会の中からキリスト像を運び出す警察(AFP PHOTO/MARTIN BERNETTI)

2007年8月18日、NASAが公開したエンデバー・スペースシャトルから撮った台風アンディーの写真(AFP)

2007年9月23日、日本で行われたMotoGP決勝戦。ホンダチームのペドラサ選手がカーブのときに転倒(AFP PHOTO / KAZUHIRO NOGI)

2007年10月14日、フランスで開催された2007年ラグビー・ワールドカップ。南アフリカチームが37:13でアルゼンチンチームに大勝し決勝戦へ。写真は、南アフリカのブリア・ハバナ選手(AFP PHOTO / WILLIAM WEST)

2007年10月9日、イラク警察は即時に停車しなかった2人の婦人に向かって発砲した。写真は、血痕の付いている車の扉をみる通りかかった婦人(AFP PHOTO/ALI YUSSEF)

2007年10月6日、フランスで開催された2007年ラグビー・ワールドカップ。準々決勝前にニュージーランドチームが仏チームの前で、原住民の伝統の踊り・モーリダンスを披露(AFP PHOTO / POOL / Ross Land)

2007年9月16日、ドイツ・ハンブルグ空港。「空港の日」に披露されたA380大型エアバスとそれを見に来た人々(AFP PHOTO DDP/ROLAND MAGUNIA)

2007年9月9日、ドイツ・シュツットガルトで開かれた世界体操2007。平均台で演技する米リウキン選手(AFP PHOTO /LLUIS GENE)

2007年6月23日、欧州議会サミット。花束を受け取ってから、欧州議会のソラナ議長にキスで挨拶した独メルケル首相(AFP/ DOMINIQUE FAGET)

2007年7月21日、ドイツ・フランクフルト。「ハリー・ポッター最終版」を買おうと殺到するファン(AFP PHOTO DDP/MARTIN OESER)

2007年5月2日、イスラエル側の検問所に拘置された息子を訪ねるパレスチナ人の母親(AFP PHOTO/JAAFAR ASHTIYEH)

2007年9月4日、ホンジュラス。台風フィリコスに見舞われ、強風に耐え忍んでいる海辺の椰子の木(AFP PHOTO/Yuri CORTEZ)

(翻訳/編集・余靜)