大紀元時報

ベネズエラ国営石油、米制裁回避へ顧客契約見直し交渉=関係筋

2019年01月30日 13時57分

[29日 ロイター] - ベネズエラ国営石油会社PDVSAはトランプ米政権による制裁を回避するため、米製油企業を含む主要顧客に対して契約の見直しを求めている。交渉に携わっている関係筋4人が明らかにした。

米政府は28日、PDVSAが米国に持つ資産を凍結すると発表。米企業に対し、PDVSAに対する石油代金の支払いに、グアイド暫定大統領らが管理する口座を使うよう命じた。これは反米左翼のマドゥロ大統領を退陣へと追い込むための制裁。

関係筋によると、PDVSAは制裁に先立ち顧客企業に対し、ベネズエラ産原油と外国製の燃料その他製品を交換するスワップ契約を要請。また米国その他の顧客に間接的に石油を売るため、商社に仲介を頼むことも検討している。

あるインドの製油企業筋によると、PDVSAはこの企業にも一部スワップ取引を可能にする契約修正を求めている。またPDVSA筋は、他の顧客企業との間で、医薬品や食品で代金を支払ってもらう案について交渉中だと述べた。

PDVSA筋は、スワップ契約や仲介企業の利用によって制裁への抵触を避けられるかどうか、現時点では定かでないと述べた。

米国の制裁には、スワップや間接的な取引への言及はない。

PDVSAは今のところ、コメント要請にこたえていない。

シェブロン<CVX.N>、バレロ・エナジー<VLO.N>など複数の米製油企業は、制裁を精査中であり、米国の法律に従うと表明した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)


1月29日、ベネズエラ国営石油会社PDVSAはトランプ米政権による制裁を回避するため、米製油企業を含む主要顧客に対して契約の見直しを求めている。カラカスで撮影(2019年 ロイター/Andres Martinez Casares)

1月29日、ベネズエラ国営石油会社PDVSAはトランプ米政権による制裁を回避するため、米製油企業を含む主要顧客に対して契約の見直しを求めている。カラカスで撮影(2019年 ロイター/Andres Martinez Casares)
^