大紀元時報

米独、国連安保理で新疆問題巡り中国批判=外交筋

2019年07月03日 14時11分
7月2日、米国とドイツは、国連安全保障理事会の非公開会合で、新疆ウイグル自治区で100万人以上のウイグル族らを拘束しているとして中国を批判した。写真は収容施設の前に立つ中国の警察官。新疆ウイグル自治区で昨年9月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
7月2日、米国とドイツは、国連安全保障理事会の非公開会合で、新疆ウイグル自治区で100万人以上のウイグル族らを拘束しているとして中国を批判した。写真は収容施設の前に立つ中国の警察官。新疆ウイグル自治区で昨年9月に撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[国連 2日 ロイター] - 米国とドイツは2日、国連安全保障理事会の非公開会合で、新疆ウイグル自治区で100万人以上のウイグル族らを拘束しているとして中国を批判した。会合に出席した外交関係者が、匿名を条件に明らかにした。

中国は新疆に収容施設を設置し、ウイグル族やその他イスラム教徒の少数民族を多数抑留しているとされる。西側諸国は人権侵害だとして批判を強めているが、中国当局はこの施設について、過激思想を排除し新たな技能を身に付けさせる「教育訓練センター」だと主張している。

外交筋によると、米国のコーエン国連大使代行は会合で、ウイグル族を抑圧・虐待しているとして中国を批判。これに対して中国の馬朝旭国連大使は、新疆は内政問題であり、米独には安保理で取り上げる権利がないと一蹴した。

^