大紀元時報

ウクライナ新大統領、プーチン氏と電話会談 東部紛争の解決協議

2019年07月12日 12時46分
7月12日、ロシアのプーチン大統領(写真)とウクライナのゼレンスキー大統領は11日、電話会談を行い、ウクライナ東部の紛争解決や捕虜の解放などを協議した。写真は6月撮影。提供写真(2019年 ロイター/Kremlin)
7月12日、ロシアのプーチン大統領(写真)とウクライナのゼレンスキー大統領は11日、電話会談を行い、ウクライナ東部の紛争解決や捕虜の解放などを協議した。写真は6月撮影。提供写真(2019年 ロイター/Kremlin)

[モスクワ 11日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は11日、電話会談を行い、ウクライナ東部の紛争解決や捕虜の解放などを協議した。ロシア大統領府が発表した。

4月の大統領選でゼレンスキー氏が当選して以降、両大統領の協議は初めて。ロシア政府によると、ウクライナ側が要請したという。

ゼレンスキー氏は、国内の親ロシア派勢力とウクライナ政府軍の紛争解決を最優先の政策課題のひとつとして掲げている。

ロシアとウクライナは、2014年にロシアがウクライナ南部クリミア半島を一方的に編入して以降、関係が悪化している。

ロシア政府によると、両首脳は、ロシアとウクライナに仲介役のドイツとフランスを含めた協議を続ける可能性について話した。

ゼレンスキー氏は7日、欧州が支援する枠組みで、和平合意の履行やロシアに拘束されているウクライナ人の解放などを協議する方針を示していた。ゼレンスキー氏が解放を求めるウクライナ人には、昨年11月にクリミア半島脇のケルチ海峡周辺でロシア軍に拿捕されたウクライナ艦船の乗員も含まれる。

ロシアがクリミア半島を武力で併合した直後に勃発したウクライナ東部の紛争では、1万人以上が死亡した。独仏が仲介した2015年の停戦合意(ミンスク合意)は完全には履行されていない。

^