大紀元時報

<中共肺炎>伊国会議員、中国の情報不透明と非難「世界をリスクにさらした」

2020年03月16日 19時35分
2020年3月13日、個人の移動規制などが発動された後のイタリアの街(Marco Di Lauro/Getty Images)
2020年3月13日、個人の移動規制などが発動された後のイタリアの街(Marco Di Lauro/Getty Images)

ヨーロッパで中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)の感染者が最も多く出ているイタリアの国会議員はこのほど、大紀元の取材に対して、中国の情報提供について「明らかに不透明だ」と批判した。

イタリア保健当局は、3月15日(現地時間)までに、中共肺炎の感染者が前日比3590人増の2万4747人に達し、死亡者は368人増の計1809人になったと発表した。

同国議会のアンドレア・デルマストロ・デル・ヴェドーブ(Andrea Delmastro Delle Vedove)議員は3月15日、大紀元英語電子版と中国語テレビ放送「新唐人」の共同取材に対して、「中国への依存は、経済や安保上だけではなく、国民の健康を守る上でも大きな問題だ」と指摘した。同氏は、所属政党、イタリアの同胞(Fratelli d'Italia)の外交委員会のメンバーである。

同議員は、中国は安全かつ透明性のある国ではないと非難した。「中国は世界貿易機関(WTO)のメンバーであるにも関わらず、ルールを順守せず、WTOを利用しているだけだ。今も同じことをやっており、世界各国は公衆衛生上のリスクに晒されている」と語った。

海外複数のメディアは、イタリア国内の医療体制が限界に達したと報じた。米紙ワシントン・ポストは3月13日、同国北西部ロンバルディア州(州都はミラノ)では、病院の集中治療室(ICU)のベッド数が足りていないと報道した。同州保健当局トップのジュリオ・ガレラ(Giulio Gallera)氏は、医療機関のキャパシティー(処置能力)を対応可能までに拡大するには「5~7日間かかる」と述べた。

「原子爆弾が爆発したらどうすればいいかと聞いているようなものだ」と、ロンバルディア州の集中治療室の責任者であるペセンティ氏はワシントン・ポストに話した。「敗北宣言をする。救える命を救っている」

伊メディア「fanpage.it」3月6日付によると、ジュリオ・ガレラ氏は、中国当局が提供した感染情報に不信感を示した。

ガレラ氏は、感染は「中国側が提供した予測やデータと比べて、より速いペースで広まっている」と警告した。同氏によると、2月28日時点で、同地域の病院のICUに搬送された患者が50人だったのに対して、3月5日には244人に急増したと明らかにした。

同国のコンテ首相は、10日に全土で個人の移動規制を実施し、11日に全国の飲食店などの店舗を2週間閉鎖すると発表した。

(翻訳編集・張哲)
 

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^