大紀元時報

中国共産党の浸透工作 女スパイが複数の政治家と男女関係=米メディア

2020年12月09日 19時15分
米Axiosによると、中国人女スパイは2011年から15年まで、米カリフォルニア州の政治家に接近しスパイ活動を行っていた(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
米Axiosによると、中国人女スパイは2011年から15年まで、米カリフォルニア州の政治家に接近しスパイ活動を行っていた(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)

米メディアAxiosが12月8日、カリフォルニア州在住の中国人女スパイが2011〜15年まで、政治家に大物献金者を紹介したり男女関係を結んだりなどして、政界で情報収集を行ったと報道した。米情報機関が捜査を進めていると知った女スパイはその後、中国国内に逃亡した。

スパイとされる中国人女、方芳(ファン・ファン、別名クリスティーン・ファン)について、米防諜機関は中国国家安全部(省)の情報部員だと認識している。

Axiosは過去1年間、ファンに関して調査し、米情報機関の高官4人、公職者やファンと接触した政治家など22人を取材した。

同報道によると、ファンは2011年、カリフォルニア州立大学イーストベイ校に進学し、その後、同校の中国人留学生が組織する学友会の会長などを務めた。その間、ファンは、在サンフランシスコ中国総領事館と密に連絡を取っていた。

ファンは20代後半から30代前半とみられる。情報機関の担当者は、同氏は米政治家の選挙資金を集めるイベントに積極的に参加し、資金集めに協力したうえ、献金者を紹介したとした。また、ファンは、政経界の人脈や中国総領事館とのつながりを通じて、自身が主催したイベントに大物政治家を招いた。

情報機関によると、ファンは「個人的な魅力」を使って男性政治家に近づいた。少なくとも中西部の地方都市の市長2人と、3年以上の性的関係を持っていた。

2011~15年まで、ファンはカルフォルニア州で、ロー・カンナ(Ro Khanna)下院議員、エリック・スウォルウェル(Eric Swalwell)下院議員、ジュディ・チュー(Judy Chu)下院議員、マイク・ホンダ(Mike Honda)元下院議員などの有力政治家と知り合った。

Axiosは、ファンの事例は、中国共産党政権が長年、米政界への浸透工作を実行してきた証拠の1つだと強調した。「中国側は、『良い結果』を得るために、数年、さらに数十年の時間を費やしても惜しまない」「中国当局は、今日の市長や市議員は将来、州知事や国会議員になる可能性があるとわかっているからだ」と示した。

同報道はまた、中国当局は米政治家や政府高官の習慣や好みなど個人情報や日程表、人脈、噂すらも収集していると指摘した。

米連邦捜査局(FBI)は2019年5月、州、市などの地方自治体に起きた中国のスパイ活動を取り締まる部署を設置した。情報機関の担当者は、「ファンは、多くの中国人スパイの中の1人に過ぎない」とした。また、ファンは、他の中国人スパイをインターン生として政治家の事務所に紹介したという。

民主党の若手ホープ、エリック・スウォルウェル下院議員も、ファンの標的だった。2014年、ファンはスウォルウェル議員の選挙活動に参加し、事務所スタッフとして資金集めに関わった。この間、ファンは、同議員の事務所に少なくともインターン生1人を紹介した。

FBIはスウォルウェル議員に、ファンのスパイ容疑について知らせた。議員は直ちにファンとの連絡を絶ち切った。議員とファンの間には不適切な関係はなかった。

同報道によれば、米情報当局は、スパイ容疑で別の中国政府の幹部を捜査中、ファンの存在に気付いた。ファンは、この幹部と頻繁に会っていた。一方、同幹部も、在サンフランシスコ中国総領事館を根拠地に、米地方政府の当局者や政治家に近づき、中国への旅行を誘うなど、抱き込もうとしていた。

2015年、米情報当局は、地方政府の関係者らに対して、中国共産党の情報機関の浸透工作に警戒するよう呼びかけた。当局は、当時のオバマ政権と議会に、中国のスパイ活動について複数回、報告を行った。

ファンは同年6月、中国に帰国したとみられる。ファンを知る元政治家はAxiosに対して、「彼女が突然米国から離れたことに、私たちは困惑していた」と話した。ファンが帰国する数カ月前、サンフランシスコ・ベイエリアの政界では、FBIが彼女を捜査しているとの噂が広まっていたという。

情報当局者は、サンフランシスコのベイエリアは、複数の政界実力者の地盤であり、米の重要な政治の中心の1つだ。さらに同地域のシリコンバレーが技術産業の中心でもあるため、「中国の産業スパイ活動の温床となっている」と指摘した。また、ベイエリアにある中国系住民コミュニティは、米国最大で最も古い華僑コミュニティであるため、中国情報部門がここでスパイ活動を展開し、中国系住民への監視を強化しているという。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^