大紀元時報

米海軍艦艇、ペルシャ湾で警告射撃 イラン船が接近

2021年4月28日 10時59分
米軍は4月27日、イランのイスラム革命防衛隊海軍(IRGCN)の船3隻がペルシャ湾で米軍の艦艇に接近したため、警告射撃を行ったと明らかにした。写真は警告射撃を行った米哨戒艇「ファイアボルト」、提供写真(2021年 ロイター/Mass Communication Specialist 2nd Class Walter M. Wayman/U.S. Navy)
米軍は4月27日、イランのイスラム革命防衛隊海軍(IRGCN)の船3隻がペルシャ湾で米軍の艦艇に接近したため、警告射撃を行ったと明らかにした。写真は警告射撃を行った米哨戒艇「ファイアボルト」、提供写真(2021年 ロイター/Mass Communication Specialist 2nd Class Walter M. Wayman/U.S. Navy)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米軍は27日、イランのイスラム革命防衛隊海軍(IRGCN)の船3隻がペルシャ湾で米軍の艦艇に接近したため、警告射撃を行ったと明らかにした。

当局者によると、詳細は現時点で不明だが、過去の同様の事案ではイラン指導部の指示ではなく、現場の指揮官によって行われたケースが多いという。

米軍は声明で、米側が無線や拡声器で警告したものの、IRGCNの船が近距離での航行を続けたとし、米哨戒艇「ファイアボルト」が警告射撃を行ったところ、IRGCNの船は安全な距離に移動したと説明した。

この事案はペルシャ湾北部の国際水域で26日に起き、イランの高速沿岸戦闘艇は米艦艇から204フィート(約60メートル)の距離まで接近した。

イランを巡っては、2015年核合意の再建に向けた当事国の会合が行われている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^