大紀元時報

米軍がカブール空港で空に向け発砲、混乱収拾が目的=米当局者

2021年8月16日 15時41分
8月16日、アフガニスタン首都カブールの空港で、数百人の市民が駐機場に侵入するのを防ぐため、米軍が空に向けて発砲した。写真はカブールの空港の入り口を歩みゆく人々(2021年 ロイター/Stringe)
8月16日、アフガニスタン首都カブールの空港で、数百人の市民が駐機場に侵入するのを防ぐため、米軍が空に向けて発砲した。写真はカブールの空港の入り口を歩みゆく人々(2021年 ロイター/Stringe)

[カブール 16日 ロイター] - アフガニスタン首都カブールの空港で16日、数百人の市民が駐機場に侵入するのを防ぐため、米軍が空に向けて発砲した。米当局者が明らかにした。

当局者は電話でロイターに対し「群衆は制御不能だった」、「混乱を鎮めるためにのみ発砲した」と説明した。

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが15日にカブール入りしたことを受け、多くのアフガン人が出国のため空港に殺到。空港は米軍が掌握し、大使館職員らの退避支援に当たっている。

^